怒涛のアガリラッシュじゃないの?新人・菅原千瑛、トレードマークの“困り顔”が出た!解説も「なんで泣きそう?」/麻雀・Mリーグ
【映像】菅原、お決まりの“困り顔”が出た瞬間

 アガリまくって嬉しいはずなのに、どうしてそんな困ってるの?プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2023-24」9月22日の第2試合。この日、デビューを迎えたBEAST Japanext・菅原千瑛(連盟)が3度のアガリを決めた後に、トレードマークの“困り顔”を披露。これにファンから多数の声が上がった。

【映像】菅原、お決まりの“困り顔”が出た瞬間

 東1局からライバルを圧倒するアガリラッシュ。ニコニコの展開のはずが、この局の配牌を取る菅原の顔は眉が“八の字”に曲がり、口元を結び、困り果てたという表情だ。

 これにファンは「困ってる??」「泣きそうw」「いい顔になってきた」「かわいすぎるビースト」と反響を寄せ、解説の藤崎智(連盟)も「なんで泣きそうな顔になっているのかはよくわからないですけど」と言及。実況の松嶋(協会)は「(試合に)入り込んでいる証拠ですよね!初めて見た人は心配しちゃうかもしれない。あの表情でオーディションも勝ち抜きました!」と説明した。

 集中力が高まるほど、なぜか困っているような表情になってしまう菅原。この日は最後までリードを譲らず、顔つきは困りっぱなしのまま、記念すべきデビュー戦を勝利で飾ってみせた。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に全7チームで発足し、2019-20シーズンから全8チーム、2023-24シーズンからは全9チームに。各チーム、男女混成の4人で構成されレギュラーシーズン各96試合(全216試合)を戦い、上位6チームがセミファイナルシリーズに進出。各チーム20試合(全30試合)を戦い、さらに上位4チームがファイナルシリーズ(16試合)に進み優勝を争う。優勝賞金は5000万円。
ABEMA/麻雀チャンネルより)

【映像】笑顔いっぱいにポーズも決める菅原千瑛
【映像】笑顔いっぱいにポーズも決める菅原千瑛
【映像】菅原、お決まりの“困り顔”が出た瞬間
【映像】菅原、お決まりの“困り顔”が出た瞬間
【映像】眼光鋭い鈴木優
【映像】眼光鋭い鈴木優
【映像】菅原、お決まりの“困り顔”が出た瞬間

Mリーグ 配信情報まとめ
Mリーグ 配信情報まとめ