“これなに!?”フライを捕ったらボールにべっとり謎の汚れが…ボール交換直後の謎現象にセカンドもキャッチャーも打者も困惑
【映像】”これなにー!?”ボールを見て困惑の表情を見せるアンドルス

ABEMAプレミアムなら2週間無料見放題!!
ABEMAプレミアムなら2週間無料見放題!!
『追っかけ再生』で試合中でも最初から試合を見られる!

【MLB】レッドソックス3−2ホワイトソックス(9月22日・日本時間23日/ボストン)

 レッドソックスの吉田正尚外野手が「6番・レフト」でスタメン出場した試合で4回、レッドソックスの攻撃中に珍しいシーンがあった。二塁手が手にしたボールを見ながら苦笑すると、それを見て打席の打者とキャッチャーも何かを話しながら笑い合っていた。

【映像】”これなにー!?”ボールを見て困惑の表情を見せるアンドルス

  不可解な現象は両チーム無得点で迎えた4回裏のレッドソックスの攻撃、この回の先頭打者ターナーがセカンドフライに打ち取られた後にひっそりと起こった。ターナーはカウント1-0からの2球目を打ち上げると、ホワイトソックスのセカンドをも守るアンドルスが余裕を持ってこれをしっかりとグラブに収めて1アウトとした。アンドルスはグラブからボールを取り出した際、何かに気がついたようにまじまじとボールを見つめると、少し困惑したような、苦笑いしているような表情を浮かべた。手にしたボールにはべっとりと茶色い付着物が付いていた。

 ターナーに対する初球はワンバウンドのボールで、直後にキャッチャーが球審に渡し新しいボールと交換している。その直後の打球だったため、きれいなボールのはずだった。アンドルスは困惑しながらもボールを返すと、アンドルスの様子を見ていた次打者のバーデューゴとキャッチャーのリーが笑いながら何かを話している様子が映し出されていた。一瞬の出来事だったが、ちょっと不思議な一コマだった。
ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【映像】”これなにー!?”ボールを見て困惑の表情を見せるアンドルス
【映像】”これなにー!?”ボールを見て困惑の表情を見せるアンドルス
【映像】吉田正尚の勝ち越しタイムリーで逆転勝利
【映像】吉田正尚の勝ち越しタイムリーで逆転勝利
【映像】惜しい!吉田正尚、センターの好守にヒット阻まれる
【映像】惜しい!吉田正尚、センターの好守にヒット阻まれる
【映像】惜しい!吉田正尚、センターの好守にヒット阻まれる
SPOTV NOW
SPOTV NOW
SPOTV NOW

ABEMAプレミアムなら2週間無料見放題!!
ABEMAプレミアムなら2週間無料見放題!!
『追っかけ再生』で試合中でも最初から試合を見られる!

■Pick Up

スポーツマーケティングにおけるライブ特化型広告とは?AI活用で見えた新たな価値【ABEMA・NTTデータ インタビュー前編】 | VISIONS(ビジョンズ)
スポーツマーケティングにおけるライブ特化型広告とは?AI活用で見えた新たな価値【ABEMA・NTTデータ インタビュー前編】 | VISIONS(ビジョンズ)
VISIONS(ビジョンズ)
「脳科学×AI」で切り開く新しいマーケティングの可能性とは【ABEMA・NTTデータ インタビュー後編】 | VISIONS(ビジョンズ)
「脳科学×AI」で切り開く新しいマーケティングの可能性とは【ABEMA・NTTデータ インタビュー後編】 | VISIONS(ビジョンズ)
VISIONS(ビジョンズ)