主審ブチギレ?ストライク判定でエンゼルスベンチと大声でやり合うバチバチぶり
【映像】主審ブチギレ?エンゼルスベンチと大声でやり合う

ABEMAプレミアムなら2週間無料見放題!!
ABEMAプレミアムなら2週間無料見放題!!
『追っかけ再生』で試合中でも最初から試合を見られる!

【MLB】ツインズ9-3エンゼルス(9月24日・日本時間25日/ターゲット・フィールド)

 8回表、エンゼルスの攻撃中、球審の判定を巡ってベンチが大声でやりあうシーンが飛び込んできた。

【映像】主審ブチギレ?エンゼルスベンチと大声でやり合う

 2番ネトが見逃し三振、3番ドルーリーが空振り三振で早くも2アウトとなったが、直後オホッピーがピッチャー強襲ヒットを放ち、5番ムスタカスもレフト前ヒットで2死一、二塁となった場面。打席に立ったアデルの初球は外角低めへのスライダー。映像では、コースはストライクからボールに外れているようにも見えたが球審の判定はストライク。

 打席のアデルは判定に文句をつけなかったが、直後に主審が三塁側ベンチに向かって大声で怒鳴った。恐らくは球審の判定にベンチからなにかしらのクレームやヤジが飛んだのだろう。実況アナウンサーは「主審とネビン監督あたりがストライク・ボールに対してやりあっています」と語った直後、2球目も内角低めへ落ちるボール。この判定は見た目通りボールだったが、主審は怒りが収まらなかったのか、またもや三塁側ベンチに向かって怒声を上げた。

 直前の7回裏、打者一巡の猛攻を受けて大量5点を奪われた直後でもあり、エンゼルスベンチもイライラが溜まっていたのかもしれない。そう思わせる「バチバチシーン」だった。

 視聴者も「アデル打て!」「昨日のようにバットで取り返そう」とコメントした直後、アデルは3球目をショートゴロ。エンゼルスは無得点に終わり、結果3-9で敗れてしまった。

ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【映像】誰を応援?スタジアムに響き渡る子供の美爆音声援
SPOTV NOW
SPOTV NOW
SPOTV NOW

ABEMAプレミアムなら2週間無料見放題!!
ABEMAプレミアムなら2週間無料見放題!!
『追っかけ再生』で試合中でも最初から試合を見られる!

■Pick Up

スポーツマーケティングにおけるライブ特化型広告とは?AI活用で見えた新たな価値【ABEMA・NTTデータ インタビュー前編】 | VISIONS(ビジョンズ)
スポーツマーケティングにおけるライブ特化型広告とは?AI活用で見えた新たな価値【ABEMA・NTTデータ インタビュー前編】 | VISIONS(ビジョンズ)
VISIONS(ビジョンズ)
「脳科学×AI」で切り開く新しいマーケティングの可能性とは【ABEMA・NTTデータ インタビュー後編】 | VISIONS(ビジョンズ)
「脳科学×AI」で切り開く新しいマーケティングの可能性とは【ABEMA・NTTデータ インタビュー後編】 | VISIONS(ビジョンズ)
VISIONS(ビジョンズ)