うれしさがこぼれちゃった?人気抜群の女流雀士、初トップ直後のはにかみ笑顔が大注目に「りおみず同盟w」/麻雀・Mリーグ
【映像】瑞原が不意に見せたはにかみ笑顔

 接戦の末の逃げ切りトップ、表情が和らぐのも無理はない。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2023-24」9月25日の第2試合でトップを取ったU-NEXT Pirates・瑞原明奈(最高位戦)が、試合後に思わずはにかんだ笑顔でライバルと会話するという“レア場面”を演出。これにファンの注目が殺到、多数のコメントが集まった。

【映像】瑞原が不意に見せたはにかみ笑顔

 微差のトップ目、瑞原はEX風林火山・勝又健志(連盟)、TEAM雷電・萩原聖人(連盟)の仕掛け、そしてセガサミーフェニックス・東城りお(連盟)のリーチを受けて大苦戦。最後は東城が勝又からロンを決め、辛くも逃げ切った。試合直後、四者が卓上で挨拶を交わすと、瑞原は下家の東城から何やら話しかけられ、それに笑顔で応えていた。

 滅多にみられないこのシーン、ファンからは「東城と笑い合ってたw」「何今の。可愛い」「可愛いなマジでw」「りおみず同盟w」「東城となに喋ってんだろ」と興味津々のコメントが寄せられた。

 試合後は苦戦を振り返り、反省の弁が先に出た瑞原。東城との会話の内容は明かされなかったものの、まずは今期初トップ、そのうれしさが抑えきれず表情に出た場面。目撃できたファンはラッキーだったはずだ。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に全7チームで発足し、2019-20シーズンから全8チーム、2023-24シーズンからは全9チームに。各チーム、男女混成の4人で構成されレギュラーシーズン各96試合(全216試合)を戦い、上位6チームがセミファイナルシリーズに進出。各チーム20試合(全30試合)を戦い、さらに上位4チームがファイナルシリーズ(16試合)に進み優勝を争う。優勝賞金は5000万円。
ABEMA/麻雀チャンネルより)

【映像】ドタバタの試合を笑顔で振り返る瑞原明奈
【映像】ドタバタの試合を笑顔で振り返る瑞原明奈
【映像】瑞原が不意に見せたはにかみ笑顔
【映像】瑞原が不意に見せたはにかみ笑顔
【映像】東城の横顔にファン絶賛
【映像】東城の横顔にファン絶賛
【映像】東城がテンパイした役満・四暗刻
【映像】東城がテンパイした役満・四暗刻
【映像】東城の横顔にファン絶賛

Mリーグ 配信情報まとめ
Mリーグ 配信情報まとめ