解説も「時が止まった」と絶句 佐々木寿人、史上最速レベルの三倍満申告にファン騒然「速すぎ」「これが寿人」/麻雀・Mリーグ
【映像】強烈!佐々木寿人、一発ツモに裏3で三倍満の瞬間

 あまりにも速すぎる。KONAMI麻雀格闘倶楽部の佐々木寿人(連盟)が、超速で三倍満を申告して放送席やファンを驚かせた。

【映像】申告速すぎ!佐々木寿人、衝撃の三倍満

 起家から赤坂ドリブンズ・渡辺太(最高位戦)、渋谷ABEMAS・松本吉弘(協会)、佐々木、BEAST Japanext・菅原千瑛(連盟)の並びで始まったプロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2023-24」9月26日の第2試合、東4局でのことだった。佐々木はマンズの染め手に着手し、一・四万待ちでリーチ。これを一発でツモると、裏ドラをめくった。一瞬で裏ドラが3枚乗ったことを確認した佐々木は、涼しげな表情で「6000(点)、1万2000(点)」と、リーチ・一発・ツモ・北・混一色・ドラ・裏ドラ3の三倍満・2万4000点を申告。一発・ツモ・裏ドラ3という不確定要素がありながらも、瞬時に計算した佐々木には解説の河野直也(最高位戦)も「そんなに速く申告できる人っています?6000(点)、1万2000(点)を…」「時が止まった」と唖然とし、ファンも「なんで、こんな点数申告早いの」「速すぎかっこえー」「さすがやわ」「これが寿人」「魔王すぎるだろ!!」と大興奮の様子だった。

 試合後、この点数申告について佐々木は「一発でツモったら倍満だったので、(裏ドラが)3枚乗った時は自然と三倍満に繰り上がる」と説明。「非常に理想的なアガリだったと思います」と振り返ると、「納得いってない人がいる」と4着に沈んだ松本を指し、会場を笑わせる場面もあった。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に全7チームで発足し、2019-20シーズンから全8チーム、2023-24シーズンからは全9チームに。各チーム、男女混成の4人で構成されレギュラーシーズン各96試合(全216試合)を戦い、上位6チームがセミファイナルシリーズに進出。各チーム20試合(全30試合)を戦い、さらに上位4チームがファイナルシリーズ(16試合)に進み優勝を争う。優勝賞金は5000万円。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

【映像】笑顔いっぱいで勝利報告する浅見真紀
【映像】笑顔いっぱいで勝利報告する浅見真紀
【映像】強烈!佐々木寿人、一発ツモに裏3で三倍満の瞬間
【映像】強烈!佐々木寿人、一発ツモに裏3で三倍満の瞬間
【映像】女性3選手に囲まれる形になった白鳥翔
【映像】女性3選手に囲まれる形になった白鳥翔
【映像】女性3選手に囲まれる形になった白鳥翔

Mリーグ 配信情報まとめ
Mリーグ 配信情報まとめ