おいで、アガリ牌!大注目・中田花奈、Mリーグは跳満デビュー ファンも「スター性」「運量がレベチ」と仰天/麻雀・Mリーグ
【映像】中田花奈、記念すべき初アガリは跳満ツモ

 さすが元トップアイドルには華がある。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2023-24」9月26日の第1試合では、BEAST Japanextの中田花奈(連盟)が初登板し、いきなり強運を発揮させた。

【映像】中田花奈、記念すべき初アガリは跳満ツモ

 麻雀カフェも経営する中田は人気アイドルグループ・乃木坂46の元メンバーで、今期からMリーガーに。試合前には「やりたい放題やります!」と宣言していた。当試合は起家から中田、KONAMI麻雀格闘倶楽部・高宮まり(連盟)、渋谷ABEMAS・白鳥翔(連盟)、赤坂ドリブンズ・浅見真紀(最高位戦)の並びでスタート。親番の東1局ではアガれなかったものの、東2局で魅せた。

 「うわあぁぁ。すごい手なんですけど。くっつきのイーシャンテンでしたよね?」。放送席も絶叫するほど配牌に恵まれた中田は、ファンも「スター性」「何やこれ」「えぐくね?」「持ってるな」「運量がレベチ」などと仰天する中、3巡目に赤の5筒を引いてリーチ。この時点で満貫が確定する手を難なくツモると、しっかりと裏ドラも乗せてリーチ・ツモ・タンヤオ・平和・赤・裏ドラの跳満・1万2000点を獲得した。「3000(点)、6000(点)」。表情一つ変えずに剛腕を見せた中田には、実況の松嶋(協会)も「鮮やかです」と感心しきり。解説の河野直也(最高位戦)も「デビュー戦での初アガリが跳満ですか」と驚きを隠せない様子だった。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に全7チームで発足し、2019-20シーズンから全8チーム、2023-24シーズンからは全9チームに。各チーム、男女混成の4人で構成されレギュラーシーズン各96試合(全216試合)を戦い、上位6チームがセミファイナルシリーズに進出。各チーム20試合(全30試合)を戦い、さらに上位4チームがファイナルシリーズ(16試合)に進み優勝を争う。優勝賞金は5000万円。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

【映像】緊張の初戦を振り返る中田花奈
【映像】緊張の初戦を振り返る中田花奈
【映像】中田花奈、堂々としたデビュー戦の入場
【映像】中田花奈、堂々としたデビュー戦の入場
【映像】中田花奈、記念すべき初アガリは跳満ツモ
【映像】中田花奈、記念すべき初アガリは跳満ツモ
【映像】中田花奈、記念すべき初アガリは跳満ツモ

Mリーグ 配信情報まとめ
Mリーグ 配信情報まとめ