「んっ」「ん~」「いーっ!」気合注入に人気女流がかわいい悲鳴3連発「みんな、マジいてーよ」/麻雀・Mリーグ
【映像】気合を入れられた日向藍子、思わず「いー!」

 不振脱出に、気合注入も容赦なし(?)。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2023-24」9月29日の第1試合、渋谷ABEMAS・日向藍子(最高位戦)が試合会場に向かう前に、チームメイト3人から背中を叩かれ気合を入れられたが、思いのほか力強かったのか「んっ」「ん~」「いーっ!」と3連発で悲鳴をあげることとなった。

【映像】気合を入れられた日向藍子、思わず「いー!」

 日向は昨期、悲願の初優勝を果たしたチームの紅一点。多井隆晴(RMU)、白鳥翔(連盟)、松本吉弘(協会)と高い雀力を誇る3選手の間にうまく入り、チームのムードを時に和やかに、時にテンション高く導く役割を果たしている。麻雀でも安定した成績を残し続け、その存在はリーダー多井に匹敵するほど大きなものだ。

 コミュニケーション能力も高く、笑顔を絶やさない日向だが、今期はチームがよもやのリーグ最下位と不振。なんとかトップを持ち帰ろうとチームメイトに気合を入れてもらったが、これが思ったよりも強烈だった。まず松本が大きな手でバンと叩くと「んっ」と声が漏れ、続く白鳥の一撃では「ん~」。そして締めの多井が力強く叩くと「いーっ!」と悲鳴が出た。

 各チーム、出場する選手には様々な形で気合を入れるが、本人もびっくりの強さに「みんな、マジいてーよ」と笑いもこぼれていた。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に全7チームで発足し、2019-20シーズンから全8チーム、2023-24シーズンからは全9チームに。各チーム、男女混成の4人で構成されレギュラーシーズン各96試合(全216試合)を戦い、上位6チームがセミファイナルシリーズに進出。各チーム20試合(全30試合)を戦い、さらに上位4チームがファイナルシリーズ(16試合)に進み優勝を争う。優勝賞金は5000万円。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

【映像】気合を入れられた日向藍子、思わず「いー!」
【映像】気合を入れられた日向藍子、思わず「いー!」
【映像】優しい笑顔で佐々木を待つ高宮
【映像】優しい笑顔で佐々木を待つ高宮
【映像】優しい笑顔で佐々木を待つ高宮

Mリーグ 配信情報まとめ
Mリーグ 配信情報まとめ