天女の衣でさらに高みへ 絶好調・二階堂瑠美、トップなら個人首位浮上へ/麻雀・Mリーグ
【中継】大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vs雷電vsBEAST

 Mリーグ機構は、「大和証券Mリーグ2023-24」、11月28日の第1試合に出場する4選手を発表した。注目は個人2連勝中と絶好調のEX風林火山・二階堂瑠美(連盟)。個人成績でも3位につけ、トップを取れば首位に浮上という位置。「天衣無縫」の人気雀士が、今夜も自由に舞い踊るか。

【中継】大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vs雷電vsBEAST

 昨期も個人プラスを生み出し、引き続き今期も好調の瑠美。牌の流れにうまく身を委ねつつ、チャンスと見れば少しわがままにも見える強気の押しが奏功し、大きなアガリを生み出している。自由に打たせれば、そのスケールの大きさは剛腕と呼ばれる雀士にも匹敵する。前半で大物手を仕上げれば、今夜も麻雀界の“るーみっくわーるど”が全開になる。

 赤坂ドリブンズ・浅見真紀(最高位戦)も前回は勝利。チームを照らす勝利によって、続く鈴木たろう(最高位戦)にも今期初勝利が生まれるなど、心地よい風を吹き込んだムードメーカーになっている。かつては強い押しが特徴と言われてきたが、経験・実績を積んで、今では押し引きのバランスも向上。接戦になるほど、しぶとく食い下がる違った魅力も感じられる選手だ。

 BEAST Japanext・菅原千瑛(連盟)も前回トップで、下位に沈むチームの連続逆連対を「7」で止める大きな仕事を果たした。手探りで戦い続ける新規参戦チームだが、やはり勝利こそが最大の良薬。個人2連勝でも達成できれば、500ポイント台のマイナスなど忘れてしまうくらい、チームの士気も一気に上がる。

 TEAM雷電・本田朋広(連盟)が前回出場時に瑠美と同卓。元気いっぱいな先輩雀士の勢いに押されつつも、なんとか3着に入って傷を最小限に食い止めた。東1局では、チョンボを仕掛けた相手を救うフェアプレーもあり、イケメンだけでなく紳士なところも見せた。ただ勝負となれば情けは無用。女性3選手相手に、堂々とトップを取りに行く。

【11月28日第1試合】

赤坂ドリブンズ・浅見真紀(最高位戦)個人18位 +38.7
EX風林火山・二階堂瑠美(連盟)個人3位 +173.4
TEAM雷電・本田朋広(連盟)個人12位 +78.5
BEAST Japanext・菅原千瑛(連盟)個人27位 ▲110.4

【11月27日終了時点での成績】

1位 EX風林火山 +267.0(36/96)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +247.3(36/96)
3位 U-NEXT Pirates +226.7(38/96)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +125.2(36/96)
5位 赤坂ドリブンズ +97.4(36/96)
6位 渋谷ABEMAS +58.8(38/96)
7位 TEAM雷電 +41.5(36/96)
8位 BEAST Japanext ▲523.7(36/96)
9位 セガサミーフェニックス ▲540.2(36/96)

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に全7チームで発足し、2019-20シーズンから全8チーム、2023-24シーズンからは全9チームに。各チーム、男女混成の4人で構成されレギュラーシーズン各96試合(全216試合)を戦い、上位6チームがセミファイナルシリーズに進出。各チーム20試合(全30試合)を戦い、さらに上位4チームがファイナルシリーズ(16試合)に進み優勝を争う。優勝賞金は5000万円。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

【中継】大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vs雷電vsBEAST
【中継】大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vs雷電vsBEAST
【中継】大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vs雷電vsBEAST

天女の衣でさらに高みへ 絶好調・二階堂瑠美、トップなら個人首位浮上へ/麻雀・Mリーグ

Mリーグ 配信情報まとめ
Mリーグ 配信情報まとめ