「見てください!本当に来た!怖い!」熱血実況者、ノリで語った“ツモ予言”がズバリ的中 視聴者も「すっご」「興奮してるぞ」/麻雀・Mリーグ
【映像】実況の予言が的中!茅森がツモった瞬間

 これが長年、トッププロの試合を見続けた経験値か。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2023-24」2月16日の第1試合。熱血実況で知られる日吉辰哉(連盟)が選手のツモ牌を予言、その後にズバリ的中となり、視聴者から驚きのコメントが多数寄せられた。

【映像】実況の予言が的中!茅森がツモった瞬間

 場面は南3局、親はセガサミーフェニックス・茅森早香(最高位戦)。6巡目にピンズのメンツが完成しイーシャンテンとなり、孤立の三万を切れば、残りはソウズだ。白と3索の暗刻に6索が対子のゴツゴツした手。ここで日吉は横に伸びる2・5・8索のツモより、暗刻形の大物手が見込める6索引きの可能性に言及。「赤5索ありますよ!いや茅森は赤5索じゃないな、望んでいるのは。6索ですね!三暗刻だ!アガリやすさ?どうでもいいわ!」と力を込めた。これに解説の土田浩翔(最高位戦)は「はははは!」と大笑い。

 この“ツモ予言”の直後、茅森が引いたのはなんとその6索。日吉は「見てください!本当に来た!怖い!」と絶叫、視聴者も「うおおおおおw」「引いたw」「つよい」「やば」「ホントかよ」と驚くばかりだ。茅森は7索を切って2・5・4索待ちの絶好リーチ。ほどなく2索をツモり、リーチ・ツモ・白・ドラの1万2000点を手に入れた。チームのファンからは「おおおお」「きた!!!」「ないすう!」「よっしゃー」と大歓声が上がった。

 熱血実況者がノリで語った“ツモ予言”がズバリ的中。元祖打点女王の鬼引きとアガリに視聴者も大いに盛り上がった一幕だった。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に全7チームで発足し、2019-20シーズンから全8チーム、2023-24シーズンからは全9チームに。各チーム、男女混成の4人で構成されレギュラーシーズン各96試合(全216試合)を戦い、上位6チームがセミファイナルシリーズに進出。各チーム20試合(全30試合)を戦い、さらに上位4チームがファイナルシリーズ(16試合)に進み優勝を争う。優勝賞金は5000万円。
ABEMA/麻雀チャンネルより)

【映像】実況の予言が的中!茅森がツモった瞬間
https://abema.tv/video/episode/444-1_s5_p4545
 

【映像】カメラをガン見した理由を明かす仲林圭
【映像】カメラをガン見した理由を明かす仲林圭
【映像】ボーダーラインが近づき無邪気に喜ぶ魚谷侑未
【映像】ボーダーラインが近づき無邪気に喜ぶ魚谷侑未
【映像】実況の予言が的中!茅森がツモった瞬間
【映像】実況の予言が的中!茅森がツモった瞬間
【映像】実況の予言が的中!茅森がツモった瞬間

「見てください!本当に来た!怖い!」熱血実況者、ノリで語った“ツモ予言”がズバリ的中 視聴者も「すっご」「興奮してるぞ」/麻雀・Mリーグ

Mリーグ 配信情報まとめ
Mリーグ 配信情報まとめ