苦悩する姿もまた妖艶 人気女流・高宮まり、実戦“何切る”に悶絶するほど熟考「色気がすごい」「こんな姿なかなか見れない」/麻雀・Mリーグ
【映像】難解な選択に悶絶しながら悩む高宮まり

 悩む姿だけで、これほどファンの心を奪う雀士もいない。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2023-24」2月27日の第2試合で、KONAMI麻雀格闘倶楽部の高宮まり(連盟)が、難しい打牌選択に悶絶するような仕草で熟考。ファンから「色気がすごい」「こんな姿なかなか見れない」と声が飛び交った。

【映像】難解な選択に悶絶しながら悩む高宮まり

 高宮は女流雀士の中でもNo.1と言われるほどの人気を誇る。時折、雑誌のグラビアやDVDに登場し、小柄ながら抜群のスタイルを披露し、男女問わず支持を集めている。本業の麻雀では、かつては門前高打点派だったが、最近では鳴き仕掛けも多様し、柔軟で懐野深いスタイルも取り入れている。

 プロ歴もそれなりに長くなりつつ、近年の成長が目覚ましい高宮だが、この試合ではとにかく悩みまくった。最も悩んだのが2着目で迎えた南3局1本場のシーン。7巡目に3筒を引き入れたことで123の三色同順の可能性もありつつ、ペン三万の形を残すことでアガリが遅れる可能性もあり、ファンにも人気の「何切る」が実戦に出たようなシーンだった。

 一瞬、目をつぶりながら天を仰ぐようになり、その後は顔に手を当てて悩みまくる高宮に、ファンは「めっちゃ悩んでてかわいい」「間違えたくなさすぎる」「こんなに悩んでる姿なかなか見れない」「まりしゃんの色気がすごい」とコメントを連投していた。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に全7チームで発足し、2019-20シーズンから全8チーム、2023-24シーズンからは全9チームに。各チーム、男女混成の4人で構成されレギュラーシーズン各96試合(全216試合)を戦い、上位6チームがセミファイナルシリーズに進出。各チーム20試合(全30試合)を戦い、さらに上位4チームがファイナルシリーズ(16試合)に進み優勝を争う。優勝賞金は5000万円。
ABEMA/麻雀チャンネルより)

【映像】イタズラで自分がびっくり!高宮まりの珍ハプニング
【映像】イタズラで自分がびっくり!高宮まりの珍ハプニング
【映像】難解な選択に悶絶しながら悩む高宮まり
【映像】難解な選択に悶絶しながら悩む高宮まり
【映像】難解な選択に悶絶しながら悩む高宮まり

苦悩する姿もまた妖艶 人気女流・高宮まり、実戦“何切る”に悶絶するほど熟考「色気がすごい」「こんな姿なかなか見れない」/麻雀・Mリーグ

Mリーグ 配信情報まとめ
Mリーグ 配信情報まとめ