片岡壮士、“バスアングラーの夢”に半歩近づく 「行く先々で釣れてしまった」嬉しい悲鳴
番組をみる »

 大会の勝者に、バスフィッシングの本場・アメリカで行われる「バスマスターオープン」挑戦に向けた一番の障壁となる資金力のフルサポートが約束される「AbemaTV World Challenge」の決勝ラウンドが始まった。

 LEAGUE Aをトップで通過した草深幸範は、決勝リーグ1stラウンドの舞台となる霞ヶ浦水系がホームポイント。決戦直前、この時期の霞ヶ浦水系について「厳しいことが多い。やりながら、釣りながらその日の状況にフィットさせていくことを2日間通してやらないと釣れない。そのつもりで2日間走り回ろうと思います」と、表情を引き締めて意気込みを語った。

片岡壮士、“バスアングラーの夢”に半歩近づく 「行く先々で釣れてしまった」嬉しい悲鳴
片岡壮士、“バスアングラーの夢”に半歩近づく 「行く先々で釣れてしまった」嬉しい悲鳴

 LEAGUE Aを2位で通過した片岡壮士は「前回(予選)は2番に入ればよかったので多少抑えに行った。しかし今回は、勝負しなければいけないタイミングが前回よりは多くなる。とはいえ、全部一番を取ればいいので、目指すべきはそこです」と続いた。

 対して、LEAGUE Bをトップで通過した伊藤巧は「やれるだけのことをやるしかない。今回はトップだけが生き残るので、釣って釣って勝つことだけを考えている。苦手、というよりは、ほとんど知らない霞ヶ浦水系ですが、やれるだけのことをやって勝ちたい」と話すと、同リーグを2位で通過した加木屋守は「勝ちにいかないとダメ。しっかり攻めて釣っていきたい。自分の釣りをしっかり見つけて、2日間戦い抜きます」と、最後の決戦に向けてファン投票選出からの下剋上を心に誓った。

片岡壮士、“バスアングラーの夢”に半歩近づく 「行く先々で釣れてしまった」嬉しい悲鳴
片岡壮士、“バスアングラーの夢”に半歩近づく 「行く先々で釣れてしまった」嬉しい悲鳴

 すると突然、決勝リーグの開幕を前に、LEAGUE Bで姿を消した木村健太が現地に姿を現した。「負けてからの方が、気になっている。誰が勝つかは全く分からない。今の霞ヶ浦水系は変に知らない方が良いかもしれない」と話し、決勝リーグは混戦となるだろうという見方を示した木村だが、この木村の行動こそ、同トーナメントがアングラーにとって何たるかを示しているのだろう。

 1stラウンドの1日目、トップに立ったのは唯一5フィッシュで4950グラムのウエイトを叩き出した片岡壮士。最終決戦はまだ始まったばかりだ。

(C)AbemaTV

「熱戦続く決勝リーグの模様を無料ビデオでチェック!」


▶決勝League 1st RD(DAY1)

AbemaTV presents WORLD CHALLENGE Road to B.A.S.S. - 2018シーズン - 決勝League 1st RD(DAY1) | 動画視聴は【Abemaビデ
AbemaTV presents WORLD CHALLENGE Road to B.A.S.S. - 2018シーズン - 決勝League 1st RD(DAY1) | 動画視聴は【Abemaビデ
AbemaTV presents WORLD CHALLENGE Road to B.A.S.S. - 2018シーズン - 決勝League 1st RD(DAY1)等、15,000を超える番組を好きな時に何度でもお楽しみいただけます。

▶20日に放送したばかりの決勝League 1st RD(DAY2)はコチラ

AbemaTV presents WORLD CHALLENGE Road to B.A.S.S. - 2018シーズン - 決勝League 1st RD(DAY2) | 動画視聴は【Abemaビデ
AbemaTV presents WORLD CHALLENGE Road to B.A.S.S. - 2018シーズン - 決勝League 1st RD(DAY2) | 動画視聴は【Abemaビデ
AbemaTV presents WORLD CHALLENGE Road to B.A.S.S. - 2018シーズン - 決勝League 1st RD(DAY2)等、15,000を超える番組を好きな時に何度でもお楽しみいただけます。