麻雀大会参加の中高生・大学生、プロ志望者は61% 「兼業」希望が多数派
番組をみる »

 学生麻雀連盟が、同連盟に加盟する150団体(現役の中高生・大学生ら約1000人)に対してアンケートを行ったところ、麻雀プロになりたいと答えた学生は61%となった。そのうち、麻雀のみを仕事ととする専業プロになりたいと答えたのは13%、残りの48%は別に仕事を持つ兼業プロになりたいと回答した。

 昨年10月に開幕した麻雀プロリーグ「Mリーグ」の影響で、麻雀プロの認知度は大幅に増加した。全試合放送されたことから若年層にも浸透しており、学生麻雀連盟によると、3月に開催した合宿にU-NEXT PiratesのMリーガー3人をゲストとして呼んだところ、チームの公式グッズが飛ぶように売れ、サインや写真撮影を求めて長蛇の列ができたという。

 麻雀一本で生活していく「専業プロ」ではなく、赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦)のように会社員をしながら麻雀プロ活動を行う「兼業プロ」志望が多い理由としては、2000人以上いると言われる麻雀プロのうち、最低年俸400万円が保証されているMリーガーはわずか21人と狭き門であることや、Mリーグが立ち上げ間もないこと、会社員と違い、長期契約が保証されていないことなどが挙げられる。

 学生麻雀連盟には全国の中学・高校・大学から部活やサークルなど150団体、1000人超が加盟している。Mリーガー人気を受けて、今後のイベントでは積極的にMリーガーをゲストに呼ぶ計画をしているという。

(C)AbemaTV

▶Mリーグ 過去の試合

Mリーグ2018 - 本編 | 動画視聴は【Abema...
Mリーグ2018 - 本編 | 動画視聴は【Abema...
AbemaTV麻雀チャンネルでは、プロ麻雀士が活躍するMリーグ・RTDリーグ他、様々な麻雀コンテンツを好きな時に何度でもお楽しみいただけます。注目のタイトル戦も盛りだくさん!

▶5/12(日)21:00~ RTD TOURNAMENT2019 Group A 1回戦/2回戦

RTD TOURNAMENT2019 Group A ...
RTD TOURNAMENT2019 Group A ...
RTD TOURNAMENT 2019! 昨年までのリーグ形式から一変、トーナメント戦に生まれ変わったRTDがいよいよ開幕! グループAでは、昨年のRTD優勝を飾った小林剛、リベンジに燃える猿川真寿…