豊島将之王位、2時間12分の大長考で封じ手 木村一基九段、悲願の初タイトルなるか/将棋・王位戦七番勝負
番組をみる »

 将棋王位戦七番勝負第7局が9月25日、東京都千代田区の「都市センターホテル」で行われ、初防衛を目指す豊島将之王位(名人、29)が、71手目を封じて、1日目が終了した。2日目は翌26日の午前9時に始まり、封じ手が開かれた後、挑戦者の木村一基九段(46)の手番で再開する。

 同シリーズは豊島王位の2連勝に始まり、木村九段が挽回して2勝2敗に。第5局を豊島王位が制して初防衛に王手をかけたものの、史上最年長でのタイトル獲得に燃える木村九段が第6局を取り返して、フルセットに持ち込んだ。

 ファン大注目の最終局は、振り駒の結果、豊島王位が先手番に。角換わりの出だしから、研究形だったのか、豊島王位がどんどん指し進める展開に。一時は持ち時間で、3時間以上の差がついた。ただ、71手目で豊島王位は、持ち時間差を大いにいかして2時間12分の大長考。その差が1時間ほどになったところで、封じ手となった。

【封じ手時点の残りの持ち時間】

豊島将之王位 4時間50分(消費3時間10分) 木村一基九段 3時間53分(消費4時間7分)

(AbemaTV/将棋チャンネルより)

▶【動画】第60期 王位戦 七番勝負 第七局 1日目 豊島将之王位 対 木村一基九段 ※振り返り:期間限定

豊島王位 対 木村九段
豊島王位 対 木村九段
第60期 王位戦 七番勝負 第七局 1日目
豊島王位 対 木村九段(2日目)
豊島王位 対 木村九段(2日目)
第60期 王位戦 七番勝負 第七局 2日目

▶【動画】第61期 王位戦 予選 藤井聡太七段 対 竹内雄悟五段 ※振り返り:期間限定

藤井七段 対 竹内五段
藤井七段 対 竹内五段
第61期 王位戦 予選
広瀬竜王 対 深浦九段
広瀬竜王 対 深浦九段
2019年度「将棋日本シリーズ」準決勝第一局