まさに百折不撓 木村一基九段46歳、タイトル挑戦7度目でついに初獲得「まあ、うれしいです」としみじみ/将棋・王位戦
番組をみる »

 将棋王位戦七番勝負第7局が9月25・26日に東京都千代田区の「都市センターホテル」で行われ、挑戦者の木村一基九段(46)が豊島将之王位(名人、29)に110手で勝利し、シリーズ成績4勝3敗で王位のタイトルを獲得した。46歳3カ月での初タイトルは、従来の記録を9歳近く更新する、史上最年長記録。多くのファンから愛される木村九段が、座右の銘である「百折不撓(ひゃくせつふとう)」の精神で、ついに悲願を達成。対局後のインタビューでは「まあ、うれしいです」と喜びを噛み締めた。

-最終局を振り返っての感想をお願いします。

 ちょっと抑え込まれそうになったので、失敗したかと思いました。封じ手のところは不本意でした。(中盤以降は)難しくてよくわかりませんでした。

-4勝3敗のシリーズを振り返っていかがですか。

 うまく指せました。

-46歳でタイトルという最年長記録になりました。

 まあ、うれしいです。

◆木村一基(きむら・かずき)1973年6月23日、千葉県四街道市出身。師匠は故・佐瀬勇次名誉九段。1997年4月に四段昇段しプロ入り。棋戦優勝は新人王戦、朝日杯将棋オープン戦の2回。将棋大賞では2001年度に勝率一位賞、最多勝利賞、最多対局賞の3部門を独占したことがある。解説やイベントでの軽快なトークも人気で、ファンからは「かじゅき」「おじおじ」の愛称で親しまれている。

(AbemaTV/将棋チャンネルより)

▶中継:王位戦七番勝負 第七局 豊島将之王位 対 木村一基九段(放送中)

豊島王位 対 木村九段
豊島王位 対 木村九段
第60期 王位戦 七番勝負 第七局 2日目
川上七段-伊藤五段ほか
川上七段-伊藤五段ほか
朝日杯将棋オープン戦一次予選

▶中継:「将棋日本シリーズ」準決勝第一局 広瀬章人竜王対深浦康市九段 9/28(土)15:50~

広瀬竜王 対 深浦九段
広瀬竜王 対 深浦九段
2019年度「将棋日本シリーズ」準決勝第一局