自画自賛の“夢芝居” 近藤誠一、リーグ初役満で2連勝 決めポーズもアレンジ/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 大和証券Mリーグ2019、10月11日1回戦で、セガサミーフェニックス・近藤誠一(最高位戦)が今期リーグ初となる役満・大三元をアガり、2勝目を挙げた。アガリなど望むべくもないバラバラの配牌を取った近藤は、半ばアガリ放棄に見えるリャンメンターツ落としから手順を進め、驚異的なツモで大三元をテンパイすると、アガリ牌の發を力強くラシャに叩きつけた。

 ファンの間で、俳優・梅沢富美男に似ていることから、昨年度は梅沢のシングル曲タイトルである「夢芝居」とコメントが寄せられる近藤。この日のインタビューで「夢見心地です」と語り、またもファンからは「夢芝居いただきました」「夢芝三元」といったコメントが続いた。

 この試合の対局者は起家からセガサミーフェニックス・近藤、TEAM雷電・瀬戸熊直樹(連盟)、KONAMI麻雀格闘倶楽部・藤崎智(連盟)、KADOKAWAサクラナイツ・内川幸太郎(連盟)の並びでスタート。東2局1本場にこの日3局連続リーチとなる瀬戸熊の親リーチを受け守勢に回ると、役なしドラ1の手をしっかりダマテン、そしてツモアガリとなり2000点(+300点、供託2000点)を獲得し、“暴君”の異名を取る瀬戸熊の勢いを止めた。

 そしてこの日のハイライトが訪れたのは東4局。藤崎がわずか5巡目でホンイツを4面張でテンパイするもアガれない間隙を縫って近藤が押し返し、高め大三元となる發と4索のシャンポン待ちで追い付くと視聴者コメントも大騒ぎ。「きたこれw」「ざわざわざわ」「やばすぎー!!」と今期リーグ初役満の誕生に期待する声が広がると、程なく近藤が高めの發をツモ、3万2000点を獲得した。その後は少しでも素点回復、また2着を目指す3者の猛攻を受けつつも5万点オーバーのトップで終了した。

自画自賛の“夢芝居” 近藤誠一、リーグ初役満で2連勝 決めポーズもアレンジ/麻雀・Mリーグ

 試合後のインタビューでは「最高です、それ以外言葉が見つからない。夢見心地です。」と語り、満足した表情を見せた。また、東4局役満成就の手順については「自分はデキるヤツだなと思いましたよ」と自画自賛。インタビュー後半、自分から繰り出したチームの決めポーズは、上手にキレのあるウインクも加わり前回よりアレンジ。昨年はチームが6位とファイナルシリーズ進出ならず、自身は個人成績5位と善戦もチーム戦の難しさ、苦悩を味わった。今期はこの日試合開始前時点で首位。チームメイトも好内容の試合が続くことから、昨年の苦悩など記憶から消したとばかりの2勝目となった。近藤の持つ熟練の経験値と腕に、チームワークと機運も合わさり、当面はライバルチームもこの勢いを止めるのは至難の業となりそうだ。

【1回戦結果】

1着 近藤誠一(最高位戦)5万6200点/+76.2

2着 瀬戸熊直樹(連盟)2万7400点/+7.4

3着 藤崎智(連盟)1万1300点/▲28.7

4着 内川幸太郎(連盟)5100点/▲54.9

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。

(AbemaTV/麻雀チャンネルより)

▶映像:近藤誠一、今期リーグ初の役満・大三元で快勝!【期間限定】

近藤誠一、驚異の手順で大三元!
近藤誠一、驚異の手順で大三元!

▶映像:沢崎誠、女性3人相手にかわいらしさでも対抗 今期2勝目【期間限定】

“沢崎桜”女性3人相手でも満開に
“沢崎桜”女性3人相手でも満開に