冬にも咲くのが“サクラのプリンス” 内川幸太郎が接戦制して5勝目/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 寒さにとことん耐えたプリンス、昨夜はサクラが満開だった。大和証券Mリーグ2019・12月19日の第2試合で、KADOKAWAサクラナイツ・内川幸太郎(連盟)がオーラスにアガリトップの接戦を制し、今期5勝目を挙げた。

 この試合の対局者はTEAM雷電・瀬戸熊直樹(連盟)、赤坂ドリブンズ・村上淳(最高位戦)、内川、渋谷ABEMAS・日向藍子(最高位戦)の並びでスタート。東場からチームの最下位脱出を狙う村上と、この日1回戦で黒沢咲(連盟)のトップで得たポイントをさらに伸ばしたい瀬戸熊の激しいトップ争い。安定した手順で手をまとめようとするも、なかなかアガリに結びつかない内川は「一発(打点)がデカい相手ばかりなので」と、無理せず守勢に回り続ける展開。

 チャンスが訪れたのは南2局3本場。白・ドラ3の8000点(+900点)を日向からアガってまず原点復帰。その後も加点に成功して迎えたオーラス3本場、アガればトップ終了となる平和・赤の2000点(+900点、供託1000点)をテンパイ。これに内川と同じくアガリトップ条件の下、攻めの手順を踏み続ける村上が放銃してゲームセット。内川が今期5勝目、チームは首位堅守、ポイントも+300オーバーとした。

 インタビューでは、「いつかチャンスが来るだろうと、前向きにやれたのが良かった」と語り、相手の猛攻に耐えて手に入れた勝利の喜びを口にした。また、このトップでチーム3選手全員が個人スコアをプラスとしたことについては「沢崎さん(沢崎誠・連盟)が勝っていることで、岡田(岡田紗佳・連盟)さんと自分が伸び伸びやれていて、いい結果に繋がっていると思う」と今の好調ぶりを説明。最後は「明日が最終日ですが、ポイントを伸ばして首位で折り返したい」と翌日への意気込みを語った。

冬にも咲くのが“サクラのプリンス” 内川幸太郎が接戦制して5勝目/麻雀・Mリーグ

 内川がアガリをモノにした場面やインタビューでは、この番組を視聴していたファンから桜の絵文字が多数投稿された。また、攻め込まれるばかりの時間帯をグっと耐えていた戦いぶりについては「メンタルが強い人だな」と賞賛も。内川は「さらにポイントを伸ばして、いい年を迎えたいなと思います」とインタビューをまとめ、最後はサクラブレードと共に端正なルックスを緩めた。個人スコアで常に上位の沢崎が注目されるチームだが、このプリンスがポイント獲得へさらに貢献度を高めれば、春先の戴冠がはっきり見えてくる。

【2回戦結果】

1着 KADOKAWAサクラナイツ・内川幸太郎(連盟)3万8100点/+58.1

2着 赤坂ドリブンズ・村上淳(最高位戦)3万点/+10.0

3着 TEAM雷電・瀬戸熊直樹(連盟)2万2200点/▲17.8

4着 渋谷ABEMAS・日向藍子(最高位戦)9700点/▲50.3

【12月19日終了時点での成績】

1位 KADOKAWAサクラナイツ +307.1(50/90)

2位 渋谷ABEMAS +120.9(50/90)

3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +48.3(50/90)

4位 EX風林火山 +7.9(50/90)

5位 U-NEXT Pirates ▲5.3(50/90)

6位 TEAM雷電 ▲34.2(50/90)

7位 セガサミーフェニックス ▲81.0(50/90)

8位 赤坂ドリブンズ ▲363.7(50/90)

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。

(AbemaTV/麻雀チャンネルより)

▶映像:寒さ吹き飛ばす“サクラのプリンス”内川幸太郎、チームも全員プラスに

内川幸太郎が勝利でチーム全員がプラス域
内川幸太郎が勝利でチーム全員がプラス域

▶映像:自信が復活 モデル雀士・岡田紗佳、堂々としたウォーキングでの入場シーン(8分ごろ~)

岡田紗佳の颯爽とした入場シーン
岡田紗佳の颯爽とした入場シーン
高宮まりのかわいすぎる「ん?」にみんなほっこり(3時間7分ごろ~)
高宮まりのかわいすぎる「ん?」にみんなほっこり(3時間7分ごろ~)