24人の麻雀好き芸能人が24時間ぶっ通しで“打ち初め”開始/新春オールスター麻雀
番組をみる »

 麻雀好き著名人24人が8チームに分かれて戦う「新春オールスター麻雀大会2020」が1月2日、スタートした。3人ずつのチームが交代しながら、明日3日の午後7時まで24時間に渡る生放送の中、激闘を繰り広げる。

 同大会は予選各15試合(50分打ち切り)を行った後、決勝4試合(60分打ち切り)で優勝チームを決める。予選はMリーグルールで7試合、赤牌6枚ルールで6試合、ポイント倍で2試合と、試合を重ねるごとに派手にポイントが動くルールになっている。決勝はポイントをリセットし、予選優勝チームが3つのルールから1つを選ぶ。昨年も行われた同大会は、丸一日かけての長丁場の中、笑いあり涙ありのドラマチックな展開となった。出場チーム・選手は以下のとおり。

【Aチーム】萩原聖人、日野麻衣、百合沙

【Bチーム】水崎綾女、早乙女じょうじ、山本圭壱

【Cチーム】鈴木大介、香川愛生、内山信二

【Dチーム】岡田紗佳、波岡一喜、長澤茉里奈

【Eチーム】本郷奏多、松本圭世、阿部亮平

【Fチーム】徳井健太、たしろさやか、金子昇

【Gチーム】山本ひかる、大村朋宏、椿彩奈

【Hチーム】藤田晋、藤田恵名、小田あさ美

▶中継:新春オールスター麻雀大会2020(放送中)

新春オールスター麻雀大会2020
新春オールスター麻雀大会2020