番組コメントでもファンと一心同体 純烈・酒井「熟女は優しい」
番組をみる »

 スーパー銭湯アイドルとして名を馳せる純烈。そのファンとは、どこまでも固い絆で結ばれていた。5月23日、同グループのリーダー・酒井一圭は、ABEMA「アベマde週末ボートレース~Saturday~」に生出演して平成ノブシコブシ徳井健太とポイントをかけて番組指定レースで対決。熟考の末に第1レースをハズすと、競馬好きでも知られる酒井は「いつものパターンですね」「見ているファンは出たーって思うかもしれない」と自虐を込めて笑った。

▶動画:純烈リーダー酒井一圭が“分裂”後、初仕事

 続く第2レースは徳井と共に的中させ、厚く張った酒井は大量ポイントを獲得。「もう泣きそう」「競馬を含めてメディアで当たったのは初めてじゃないかな」と興奮するも、ファンからはすぐさま「ここで無駄遣いして負けるのが酒井一圭」と冷静なコメントが寄せられ、これを見た酒井自身も「よく分かってらっしゃる」と図星を突かれたとばかりに思わず頭を下げた。

 番組ではコメント数に応じた視聴者プレゼント企画を実施し、酒井はその一つとしてアントニオ猪木のモノマネを披露。正直、完成度は高くなく徳井からはダメ出しされるほどだったが、ファンからは「モノマネいいね」「かわいい」「おもしろかったぁ」と称賛コメントが多数。これには酒井も「熟女は優しいですよ。ねぎらってくれる」と感謝し、徳井も「経験豊富な人は、人の痛みを分かってくれる」と理解を示した。

番組コメントでもファンと一心同体 純烈・酒井「熟女は優しい」

 このモノマネが引き金となったのか、「近藤春奈さんに似てる」「ヒカキンさんに似てる」などの書き込みを見付けた酒井は、「みなさんと(コメントで)やり取りしながらの番組は新鮮」と感動。今まであまりネット番組に出演しなかった理由を徳井に聞かれて「おばちゃんはネットが苦手」と独自の見解を述べると、その発言にもファンは大喜びし、「おばちゃんだけど、ネット得意よ」「やってよ!ネット。おばちゃん頑張るからさ」などと様々なコメントが飛び交った。

 その後も「立川志らく師匠、頑張れ」「タイムマシーン3号、頑張れ」などといじられながらもエールを送られ続けた酒井は、ファンの予言通り、最終レースでポイントを全て消失。「気持ちがいい」「それでこそ酒井一圭」などのコメントが殺到し、番組ご意見番のボートレースアンバサダー・植木通彦からは「酒井さんは結構ダイナミックで、そういうところが女性のハートを射止めてるんですかね」と分析される一幕もあった。

(ABEMA/BOATRACEチャンネルより)

▶動画:純烈・酒井が感謝「熟女は優しい」

純烈・酒井が登場
純烈・酒井が登場

▶動画:純烈リーダー酒井一圭が“分裂”後、初仕事

純烈・酒井がモノマネ披露
純烈・酒井がモノマネ披露