木村一基王位、若き日の“貴族”佐藤天彦九段を語る 16歳のころは「かわいいぼっちゃんだった」
番組をみる »
 今や“貴族”の異名を持つ名人経験者も、ベテラン棋士からすれば青年時代は「かわいいぼっちゃん」に思えたようだ。将棋の木村一基王位(46)が5月29日、特別番組に生出演し、名人3期の実績を持つ佐藤天彦九段(32)とは、高校進学とともに上京してきた時からの間柄で、当時の印象を振り返った。

▶動画:“貴族”佐藤天彦九段の学生時代

 佐藤九段は福岡出身で、奨励会時代は早くから頭角を現した。高校在学中、16歳の時にはフリークラスであれば四段昇段、プロ入りを果たせる権利を得ていたが、師匠である中田功八段(52)が三段リーグで同世代としのぎを削るべきという考えを受けて、これを辞退。2006年度の前期リーグで、全体2位の成績で晴れてプロ入りを果たしたことでも知られている。

 佐藤九段の上京時から、練習将棋などでも顔を合わせていたという木村王位は「かわいいぼっちゃんだったというのは、過去形で言えること。こういう人が十数年経って、貴族と呼ばれるとは想像しなかった」と、その成長ぶりに目を細めた。

 “貴族”の異名は、ファッションセンスや穏やかな口ぶりなどによるものだが、この点についても「彼はあんまり感情的にならなくて、のほほんとした感じは将棋指しっぽくない。負けてカッとなるとか、感情的になるのはどんな人でもあるけれど、彼は珍しくそうういところがないというか、出ない感じ」と、その人柄のよさを紹介していた。

 この番組には、熱い性格で知られる師匠・中田八段も出演していたが、愛弟子についての話には、無言で優しい笑みを見せたまま聞き入っていた。
(ABEMA/将棋チャンネル)

▶動画:“貴族”佐藤天彦九段の学生時代とは

15年以上前の思い出
15年以上前の思い出

▶動画:美人女流棋士2人が大パニック

おうちトーナメント第2弾!タイトルホルダーVS全世界の視聴者が実現! | 【ABEMA】テレビ&ビデオエンターテインメント
おうちトーナメント第2弾!タイトルホルダーVS全世界の視聴者が実現! | 【ABEMA】テレビ&ビデオエンターテインメント