リーグ史上2度目の親役満!朝倉康心、会心の大三元で実況・ファンが大絶叫/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 Mリーグ2019 朝日新聞ファイナルシリーズ6月18日の1回戦で、U-NEXT Pirates・朝倉康心(最高位戦)がリーグ2例目となる親の役満・大三元をツモ。このシリーズ2戦目にして初勝利を獲得した。

▶映像:ファイナル初の役満・大三元

 その場面が訪れたのはトップ目で迎えた南1局、朝倉は配牌で三元牌が全部対子となっているチャンス。“絶叫実況”で知られる日吉辰哉は「何これー!白發中オール対子!!」とここでも声を張り上げた。その勢いは解説の瀬戸熊直樹(連盟)は「日吉さん、鼓膜が破れます」とツッコミを入れるほど。

 朝倉はすぐに發をポン。そして中もポン、その後は難しい選択もあったが、9巡目に大三元のテンパイ。白と3索のシャンポンで、白ならば4万8000点。さらに声を上げる日吉に加え、瀬戸熊も「きたぜ ぬるりと…ですね」と、人気麻雀漫画「アカギ」の名ゼリフを持ち出し、興奮を隠せない。

リーグ史上2度目の親役満!朝倉康心、会心の大三元で実況・ファンが大絶叫/麻雀・Mリーグ

 山に白は2枚まるまる残り。道中、セガサミーフェニックス・近藤誠一(最高位戦)が1枚引いて仕舞い込んだが、残りツモが2回となった終盤、朝倉は「ぬるりと」白を引き寄せた。これにはコメント欄も「きたー!!」「生で見ててよかった」「ファイナル面白すぎだな」と日吉に負けない情熱的なコメントが連投された。

 親の役満はリーグ史上2例目の快挙。朝倉は今期終盤、勝負所で5戦連続のラスを引くなど絶不調に陥ったが、ファイナルという天王山において完全復調。優勝に向けて個人スコア+102.7と、チームのポイントリーダーとなっている。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。

ABEMA/麻雀チャンネルより)

▶映像:ファイナル初の役満・大三元

朝倉の役満・大三元が炸裂
朝倉の役満・大三元が炸裂

▶映像:要注意!多井隆晴の「しれっと顔」

この顔を見たら要注意
この顔を見たら要注意
“女子格闘家”和久津晶が勝利
“女子格闘家”和久津晶が勝利