「すいません」「いやいや、こちらこそ」コワモテ力士が立ち合い「待った」でお詫びの見つめ合い
【映像】ABEMAでみる

大相撲秋場所>◇五日目◇17日◇東京・両国国技館

 前頭十一枚目・千代大龍(九重)と前頭十五枚目・松鳳山(二所ノ関)の一番で、なかなか立ち合いが成立せず、両者ともに近い距離で視線を合わせて詫び合うという珍しいシーンがあった。

【動画】見つめ合うコワモテ力士

 ともに“コワモテ力士”として知られる千代大龍と松鳳山。この日の取組では、時間いっぱいになったものの松鳳山が先に飛び出してしまったり、千代大龍の手付きが不十分だったりと、立ち合いがなかなか成立しなかった。不成立になる度にそれぞれ相手、審判にお詫びの一礼。3度目の立ち合いでようやく成立した。特に2度目の「待った」の際は、土俵上で2人が至近距離で見つめ合うようにも見えた。

 不成立が続く両者の立ち合いについて、ABEMAで解説を務めた元関脇・豊ノ島の井筒親方は「今場所は立ち合いを厳しくやっていますね」と指摘。また取組について「やっぱり正面にいると千代大龍の圧力は凄いですからね。松鳳山は右の前みつが欲しかったですけどね。前みつが取れれば、千代大龍の圧力を残せたと思います」と解説した。

 視聴者からは「待った多いね 厳しくとってるわ」「謝るのかわいいww」「顔はコワイけど礼儀正しいぜ」といったコメントが相次いで寄せられた。

(ABEMA/大相撲チャンネルより)

土俵上での見つめ合い
土俵上での見つめ合い
大相撲場所配信情報 日程や幕内取組動画も