藤井聡太二冠、連敗脱出 佐藤天彦九段の奇襲“中飛車”乗り越えリーグ初勝利/将棋・王将戦挑決L

 将棋の藤井聡太二冠(18)が10月29日、王将戦挑戦者決定リーグ4回戦で佐藤天彦九段(32)に118手で勝利、今期のリーグ初勝利を手にした。これで成績は1勝3敗。既に挑戦権獲得の可能性はなくなっていたが、来期につながる残留に向けて、巻き返しの1勝を手にした。

【動画】王位を獲得、最年少二冠となった藤井聡太二冠のインタビュー

 藤井二冠は1回戦で羽生善治九段(50)、2回戦で豊島将之竜王(叡王、30)、3回戦で永瀬拓矢王座(28)と、強敵揃いのリーグ戦で3連敗を喫していた。挑戦権獲得の可能性が消え、今年度中の三冠達成も消えていたが、本局では居飛車党の佐藤九段が公式戦で初めて振り飛車を使ってくる奇襲に対して冷静に対応。佐藤九段から逆転を狙った攻めを繰り出されたものの、確実にしのぎ最後は佐藤玉を即詰みに討ち取った。

 今夏には棋聖、王位と一気に二冠を獲得し、日本中に再び藤井フィーバーを巻き起こしていたが、今秋に入ってはトップ棋士との連戦で黒星が先行。新たな壁にぶつかっていたが、名人3期の実力者から勝利を収め、次のステップへと踏み出していた。

(画像提供:日本将棋連盟)

藤井二冠誕生!勝利者インタビュー
藤井二冠誕生!勝利者インタビュー
棋士が語るマニアック解説
棋士が語るマニアック解説