体重差“50キロ”の無差別マッチで衝撃KO! 「ジャブで倒した」ネット騒然
番組をみる »

 13日に『K-1 DX』が行われ、第4代K-1 WORLD GPスーパー・ライト級王者の安保瑠輝也が、“体重差50キロ”を跳ね返す衝撃KOを披露。元新日本プロレスラーでボディビルダーの北村克哉を相手にコンパクトな左ジャブをカウンター気味に一閃。規格外の無差別マッチに訪れた驚きの結末に「ジャブで倒した」など、ネットが一時騒然となった。

【映像】“体重差50キロ”の衝撃決着

 筋骨隆々で番狂わせを期待させた北村はレスリングの全日本選手権で7回優勝。世界選手権にも出場している実績の持ち主だ。北村はその後、総合格闘技、新日本プロレスなどを経て、現在はボディビルダーとして活躍している。つまり、決して「見た目」だけではない実力者。「ボディビル界を盛り上げたい」という思いで、安保との対戦に名乗りを上げた。

 1ラウンド、安保が左のミドルやヒザ、鋭いジャブで北村との距離を測り、体格差から生じる圧力を巧く消していく。一方の北村は接近して打撃を当てたいところだが、出足に安保のロー、すかさず顔面への左右のパンチなど打ち分けをことごとく被弾して距離を詰めることができない。すると主導権を握った安保が一転、自ら距離を詰めてプレッシャーをかけると、残り30秒で冷静に左を打ち抜いて1つ目のダウンを奪った。

 残り13秒、左のジャブで踏み込んだ北村に対し、安保が絶妙なタイミングでカウンター気味の左ジャブを一閃。これをまともに被弾した北村は、まっすぐ後ろに倒れ、大の字でゴングを聞いた。終始落ち着いて試合をコントロールし、体重差50キロの無差別マッチを制した安保に対して、視聴者からは「ジャブで倒した」「さすがプロ」など称賛の声が寄せられた。

【映像】“体重差50キロ”の衝撃決着
【映像】“体重差50キロ”の衝撃決着
【画像】“体重差50㎏”の驚愕マッチョにネット騒然
【画像】“体重差50㎏”の驚愕マッチョにネット騒然