三浦弘行九段、屋敷伸之九段下し本戦出場決定/将棋・朝日杯
番組をみる »

 将棋の朝日杯将棋オープン戦の二次予選が12月18日に行われ、三浦弘行九段(46)が屋敷伸之九段(48)に124手で勝利した。

【中継】朝日杯二次予選 屋敷伸之九段 対 三浦弘行九段

 勝てば本戦出場が決まる一局は、相掛かりの出だしから始まると、雁木に構えた屋敷九段に対して、三浦九段は積極的な攻め。中盤以降ペースを握ると、屋敷九段の反撃に対してもしっかり対応。逃げ間違えることなく攻めの手番を待つと、最終盤は一直線に寄せ切った。

◆朝日杯将棋オープン戦 持ち時間40分の早指し棋戦。一次予選、二次予選を勝ち抜いた棋士が、シード棋士を含めた計16人で本戦トーナメントを戦う。参加は全棋士、アマチュア10人、女流棋士3人で優勝賞金は750万円。2017年度、2018年度に藤井聡太二冠が2連覇している棋戦としても知られている。

(ABEMA/将棋チャンネルより)

朝日杯二次予選 屋敷伸之九段-三浦弘行九段
朝日杯二次予選 屋敷伸之九段-三浦弘行九段
第13回朝日杯 準決勝・決勝 千田翔太七段 対 藤井聡太七段/永瀬拓矢二冠
第13回朝日杯 準決勝・決勝 千田翔太七段 対 藤井聡太七段/永瀬拓矢二冠
世界最古の400年前の棋譜!大橋宗桂VS本因坊算砂をAI解析!
世界最古の400年前の棋譜!大橋宗桂VS本因坊算砂をAI解析!
【会員登録】14日間無料で過去の対局・特集を見る
【会員登録】14日間無料で過去の対局・特集を見る