レジェンド・船木の猛攻にピンチも…拳王、“夢”の武道館で一発逆転の王座防衛
番組をみる »

 ギリギリの勝利だった。2月12日に開催された、プロレスリング・ノア11年ぶりの日本武道館大会。セミファイナルに登場したGHCナショナル王者・拳王は船木誠勝を下し防衛に成功している。

【映像】拳王、薄氷の王座防衛

 前哨戦ではスリーパーホールドで絞め落とされ「このままでは無理でしょう」と挑戦者に切り捨てられた。ベルトをかけての“本番”でも船木が圧倒する場面が目立つ。

 序盤、掌底のコンビネーションで打撃勝負を仕掛ける拳王。パンクラス旗揚げメンバーでありヒクソン・グレイシーとの対戦でも知られるレジェンドに対し、いわば“格闘戦”を挑んだ形だ。

 しかし船木はそれに付き合おうとしない。あっさり組み付きテイクダウン、マウントポジションを奪っていく。拳王が挑んだものとはまだ別の“強さ”を示したのだ。船木が一枚上手というしかなかった。

 さらに船木はマウントから掌底で側頭部を張っていく。KOを狙うというより、ダメージで相手を動かし、そこからサブミッションを狙いにいく攻撃だろう。あるいは精神的な屈辱を与えているようにも見えた。

 腕十字はロープに逃げた拳王。その後も鋭い蹴りを食らったが、この大会だけは負けるわけにはいかなかった。現在のノアで誰よりも先に「あの場所」すなわち日本武道館を目指すと公言したのが拳王だった。そんな夢の大舞台でギブアップはできない。スリーパーは形に入った瞬間、必死にロープへ。

 船木はトドメを狙ったか掌底の打ち合いに応じる。ここに拳王の勝機が生まれた。一瞬の隙を突いてハイキック、そしてドラゴンスープレックス。船木が蘇生する前に3カウントを奪ってみせた。

「最後まで目が死んでなかった。(前哨戦ではなく)武道館で勝つことしか考えてなかったんでしょう」

 敗れた船木はそう言ってチャンピオンを称えた。拳王はリング上でファンに語りかけた。

「ずっと夢を唱え続けて、ようやく来たぞ、日本武道館に。夢は願えば叶う。言い続ければ叶う。それが今日、分かっただろ」

 思いのこもったマイクだった。前回は桜庭和志、今回は船木誠勝。2戦続けて格闘レジェンドに勝ったことにも意味がある。

 次の挑戦者には、ケンドー・カシンが名乗りをあげた。拳王に倣い、さっそく「夢」を語り出すカシン。

「俺の夢はチャンピオンになること。そのナショナル王座がほしくてプロレス界に入ったんだ」

 このベルトができたのは一昨年なのだが、カシンともなれば時空を曲げるのもお手の物。クセモノ中のクセモノと言ってもいいベテラン相手に、しかし拳王の自信は揺るがない。

「今まで手強い相手に防衛してきた。今回はちょうどいい相手だろ」

 ノア、杉浦軍でのカシンの立ち位置は“ジョーカー”。油断ならない相手なのは間違いないが、拳王は正面突破を確信している。

文/橋本宗洋

写真/プロレスリング・ノア

キャプション

高速のドラゴンスープレックスで逆転勝利

【映像】拳王、薄氷の王座防衛
【映像】拳王、薄氷の王座防衛
問題作が“最高傑作”に… 武藤敬司、王者・潮崎を撃破! 「悪夢だ」「誰が取り返すんだ」ファンからは悲鳴も 【ABEMA 格闘TIMES】
問題作が“最高傑作”に… 武藤敬司、王者・潮崎を撃破! 「悪夢だ」「誰が取り返すんだ」ファンからは悲鳴も 【ABEMA 格闘TIMES】
ABEMA TIMES