将棋ファンだけでなく、業界関係者も注目の“一手”が繰り出される。プロ将棋界の団体戦「第4回ABEMAトーナメント」で、藤井聡太王位・棋聖(18)が、今回はリーダー棋士として参戦、ドラフト会議にも参加する。個人戦だった第1回、第2回大会を連覇。さらに団体戦だった第3回大会に優勝し、個人としては4連覇がかかる。その戦いと同等に話題となるのが、藤井王位・棋聖がパートナーの2人に誰を選ぶかということだ。

【動画】ドラフトについて語る藤井聡太王位・棋聖

 個人、団体で計3連覇。非公式戦とはいえ、真剣に指すのが将棋の世界だけに、この3連覇は藤井王位・棋聖の強さを、さらに広める結果となった。持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算という独特なルールでも、その強さはさらに際立っていた。「フィッシャールールでの対局というのは、自分もこのABEMAトーナメントまでは経験がなかったんですけど、ここまでいい結果が出せているので、自分にとっては本当に相性のいい棋戦なのかなと思っています」と、自ら望外の結果だったと感じている。

 自身初の団体戦は、永瀬拓矢王座(28)、増田康宏六段(23)といった若き実力者2人とチームを組み、ドラフト直後から優勝候補にあげられた。「前回はチームに恵まれすぎた印象があるんですが、その中でも苦戦した場面もありました。チームの力に乗り切れたので、すごくいい経験になりました」と、プロの棋士の中では比較的年齢が近い棋士とともに、1つの目標に向かったことで多くの気づきもあった。予選では、広瀬章人八段(34)に連敗、過去3回の大会で初めて三番勝負を落としたこともあった。その危機もチームメイトとともに乗り越えたのは、いい思い出だ。

 そして今回、タイトルホルダーにもなったことでリーダー棋士の仲間入りをした。「そうなのかなとは思っていたんですけど、選ぶというのは難しいもので、緊張感はあります」と、選ばれる側ではなく選ぶ側のプレッシャーを感じている。たとえば、重複の時に行われるくじ引き。これは「自信がない」という。「なるべくくじを引かないように作戦を考えてきました。競合を避けるつもりなんですが、それが外れた場合に、どこに手が行くかちょっとわからないですね」と、将棋を指す時よりも悩ましいようだ。

 一応、1つのテーマは持ってきた。「世代が近い方で選ぼうかなと思っています。あまり理由はないんですが(笑)」。まだ18歳の藤井王位・棋聖。世代が近い棋士は、実に少ない。当然、プロとしての実績も少ない。どこまで若年層で固めるのか。それとも1人は若手にし、もう1人は信頼の置けるベテランも加えるのか。このあたりは、藤井王位・棋聖がドラフト会議に参加することが明かされた直後から、ファンの間でも予想が相次いでいる。

 藤井王位・棋聖だけが権利を持つ、個人・団体通しての4連覇。昨年以上に、自らが前に出て頂点を目指す。「今回はたぶん自分が頑張らないといけないと思っているので、リーダーとしてチームを引っ張っていけるように頑張りたいと思います」。第1回大会で優勝した時は、まだ中学生。すっかり青年にもなった天才棋士が、今年も超早指し戦で最高の輝きを放つ。

◆第4回ABEMAトーナメント 前回までは「AbemaTVトーナメント」として開催。第1、2回は個人戦、第3回からは3人1組の団体戦になった。チームはドラフト会議により決定。リーダー棋士が2人ずつ順番に指名、重複した場合はくじ引きで決定する。第3回は12チームが参加し永瀬拓矢王座、藤井聡太王位・棋聖、増田康宏六段のチームが優勝、賞金1000万円を獲得した。第4回は全15チームが参加。14チームは前年同様にドラフトで決定。15チーム目はドラフトから漏れた棋士によるトーナメントを開催、上位3人がチームを結成する。対局のルールは持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算のフィッシャールールで行われる。チーム同士の対戦は予選、本戦トーナメント通じて、5本先取の9本勝負に変更された。予選は3チームずつ5リーグに分かれて実施。上位2チーム、計10チームが本戦トーナメントに進む。

[ドラフト会議3/27開催!]藤井聡太王位・棋聖インタビュー
ABEMA
[ドラフト会議3/27開催!]羽生善治九段インタビュー
ABEMA
「第4回ABEMAトーナメント」1000万をかけたあの団体戦が帰ってくる!今回は15チームにパワーアップ!
ABEMA
【会員登録】14日間無料で過去の対局・特集を見る
ABEMA