岡田紗佳、モデルと麻雀プロで大活躍!抜群スタイルから「役満ボディ」の異名も
番組をみる »

 日本に数千人いるとされる麻雀プロの中でも、その美貌と抜群のスタイルで人気を誇るのが岡田紗佳さんです。学生時代からモデルとして活動をスタートし、大学卒業後には趣味の粋を超えていた麻雀でプロとなると、こちらでも活躍。「モデル兼プロ雀士」として、多くのファンに知られることとなりました。ここでは岡田紗佳さんのプロフィール、モデル・タレントとしての活動、プロ雀士としての活動について紹介します。

Mリーグ2020 - 本編
Mリーグ2020 - 本編

モデル兼プロ雀士 岡田紗佳とは

岡田紗佳、モデルと麻雀プロで大活躍!抜群スタイルから「役満ボディ」の異名も

 モデルとしてスタートし、その後にプロ雀士としても注目を集め始めた岡田紗佳さん。そのルーツには、しっかりと麻雀に関するものがありました。まずは基本情報を確認しましょう。

岡田紗佳、モデルと麻雀プロで大活躍!抜群スタイルから「役満ボディ」の異名も

岡田紗佳プロフィール


 岡田紗佳さんは1994年2月19日生まれ。公称のサイズは170センチ、B85(G)、W58、H83とパーフェクトなスタイルは、スポーツ紙に「役満ボディ」と称されるほどです。父は日本人、母は中国人で、日本で生まれた後に6歳から6年間、中国・上海の祖母宅で過ごしました。この祖母が経営していたのが、中国では日本以上に生活に根付いている雀荘。この影響もあり、小学生のころから麻雀を楽しんでいました。この頃から既に、将来プロ雀士になる準備ができていたことになります。高校は青山学院高等部、大学はそのまま青山学院大学に進み、2016年に卒業。現在はモデル、タレント、プロ雀士として活動しています。

岡田紗佳は学生時代からモデル

岡田紗佳、モデルと麻雀プロで大活躍!抜群スタイルから「役満ボディ」の異名も

 様々な職業と“兼業”している人が多いプロ麻雀界ですが、岡田紗佳さんの場合はモデル。各種媒体でも、そのスタイルを惜しげもなく披露しています。ここではモデルとしての岡田紗佳さんの活躍ぶりを見ていきます。

麻雀最強戦2021 - 本編
麻雀最強戦2021 - 本編
岡田紗佳、モデルと麻雀プロで大活躍!抜群スタイルから「役満ボディ」の異名も

岡田紗佳は学生時代から雑誌「non-no」のモデルとして活躍


 高校卒業も近づいていた2011年に、岡田紗佳さんはファッション雑誌「non-no」のモデルーディションに挑み、見事グランプリを受賞しました。これにより2012年2月からは「non-no」の専属モデルに。これが岡田紗佳さんの本格的な芸能活動のスタートになります。東京ガールズコレクションなどファッションショーにも出演経験があります。

岡田紗佳はグラビアでも雑誌出演多数「役満ボディ」の異名も


 ファッション誌のモデルとしてスタートした岡田紗佳さんですが、グラビアでも各種雑誌で活躍をしています。長身、長い足、メリハリのあるスタイルが「役満ボディ」と呼ばれ、本人もTwitterアカウントのプロフィール欄に「役満ボディ、顔は5200」と記すほどです。写真集はアナログ、デジタル合わせて多数発表され、同時にDVDも発表されています。

オールスターリーグ2020 Spring
オールスターリーグ2020 Spring
岡田紗佳、モデルと麻雀プロで大活躍!抜群スタイルから「役満ボディ」の異名も

岡田紗佳はバラエティ番組でも出演多数


 ルックス、スタイルに目が行きがちですが、岡田紗佳さんはぶっちゃけたトークでも人気です。麻雀関連番組だけでなく、バラエティ番組にも出演は多数。物怖じしないコメントは、しばしばネットニュースでも取り上げられていました。

グラビアでは岡田紗佳×高宮まり、夢の共演も


 グラビア活動の中では、先輩プロ雀士で人気No.1とも言われる高宮まりさんとの夢の共演も果たしています。デジタル写真集「牌×牌」は好評に続き2作目まで発表。グラビア活動をする女流雀士の中では2トップとも言われるだけに、多くのファンが購入することになりました。

RTD Girl's Fight2
RTD Girl's Fight2

岡田紗佳はプロ雀士としても奮闘中

岡田紗佳、モデルと麻雀プロで大活躍!抜群スタイルから「役満ボディ」の異名も

 モデル、タレントとしても十分に活躍している岡田紗佳さんですが、麻雀卓に向かえば笑顔から離れて真剣な表情で勝負に挑んでいます。岡田紗佳さんのプロ歴、大会の成績など紹介します。

岡田紗佳、モデルと麻雀プロで大活躍!抜群スタイルから「役満ボディ」の異名も

岡田紗佳が所属するのは「日本プロ麻雀連盟


 岡田紗佳さんは2017年4月から、国内最大希望のプロ麻雀団体「日本プロ麻雀連盟」に入りました。日本プロ麻雀連盟は、1981年3月に設立されました。初代会長は「ミスター麻雀」とも呼ばれた故・小島武夫さんです。2代目会長は灘麻太郎さん、そして3代目が現会長の森山茂和さんです。所属人数は、ホームページに掲載されているプロだけでも東京本部で300人を超えており、全体では700人前後いると言われてもいます。

 男女ともに有名な雀士が多く、2020年度に鳳凰位を獲得した佐々木寿人さんや、高宮まりさんをはじめ、たくさんのプロがプロ麻雀リーグ「Mリーグ」にも指名され、参戦しています。また、芸能界で活躍するプロも多く、俳優の萩原聖人さん、声優の大亀あすかさんらがいます。最近のプロテストでは元乃木坂46の中田花奈さん、アイドルの武田雛歩さんも合格、プロ入りを果たしました。

 日本プロ麻雀連盟のプロは、メディアでの活躍も多く、KONAMIの麻雀ゲーム・アプリ「麻雀格闘倶楽部」では、多くのプロが参加し、ファンたちと対局を行うことでも知られています。

◆日本プロ麻雀連盟のMリーガー

EX風林火山 二階堂亜樹、滝沢和典、勝又健志
KADOKAWAサクラナイツ 内川幸太郎、岡田紗佳、沢崎誠
KONAMI麻雀格闘倶楽部 佐々木寿人、高宮まり、前原雄大、藤崎智
渋谷ABEMAS 白鳥翔
セガサミーフェニックス 魚谷侑未、和久津晶
TEAM雷電 萩原聖人、瀬戸熊直樹、黒沢咲

岡田紗佳は生放送中に伝説の役満「九蓮宝燈」をアガったことも


 プロ雀士として、その名を大きく広めたのが生中継の対局で見せた伝説の役満・九蓮宝燈です。歴史を誇る対局番組「芸能界麻雀最強位決定戦 THEわれめDEポン」で、本人も番組も初めてとなる九蓮宝燈をアガリ。YouTubeなどに公開されるや否や、一気に再生回数を伸ばし、プロ雀士としての知名度も大きく上昇させました。

岡田紗佳はプロ麻雀リーグ「Mリーグ」でもプレー

岡田紗佳、モデルと麻雀プロで大活躍!抜群スタイルから「役満ボディ」の異名も

 プロ雀士としてはまだキャリア4年の岡田紗佳さんですが、多くのプロが憧れるプロ麻雀リーグ「Mリーグ」のプレイヤーとしても活躍しています。ここでは岡田紗佳さんの、Mリーガーとしての顔をご紹介します。

岡田紗佳、モデルと麻雀プロで大活躍!抜群スタイルから「役満ボディ」の異名も

岡田紗佳が所属するのは「KADOKAWAサクラナイツ


 岡田紗佳さんは、2019シーズンからMリーグに参戦した「KADOKAWAサクラナイツ」に、ドラフト2巡目で指名を受けて、チームに加入しました。まだプロとしての経験も浅かったこともあり、リーグ1年目にはミスもあり、プレッシャーからコンディションを崩すこともありましたが、徐々に成長するとメンタル面も充実。2年目となる2020シーズンからは、開幕当初から堂々としたプレーが見られるようになりました。ユニフォームはチーム名にもある「サクラ(ピンク)」をベースにしたものですが、岡田紗佳さんはモデルらしく、このデザインにも携わっています。

◆KADOKAWAサクラナイツメンバー

内川幸太郎、岡田紗佳、沢崎誠(2019シーズンから)、堀慎吾(2020シーズンから)

◆岡田紗佳 レギュラーシーズン成績

2019シーズン 個人22位 ▲152.8
2020シーズン 個人13位 +33.6

岡田紗佳まとめ

 芸能界、麻雀界の両方で精一杯活動を続けている岡田紗佳さん。SNSなどでも日々発信しており、常にファンとの交流をはかってもいます。これからもそんな岡田紗佳さんの活躍に注目です。

麻雀番組、多数配信中!
麻雀番組、多数配信中!
Mリーグ2020 - 本編
Mリーグ2020 - 本編