演技俳優として長年活躍を続けている萩原聖人さん。数々のドラマ、映画、舞台で活躍するかたわら、麻雀においても長く放送対局に出演し続け、多くのファンにその楽しさ、魅力を伝えてきました。プロ雀士になってからもその熱意をさらに強くして、俳優業と両立しながら戦い続けています。「俳優兼プロ雀士」、萩原聖人さんの麻雀に関する情報をまとめました。

人気俳優・萩原聖人とは

萩原聖人、俳優と麻雀プロの二刀流で奮闘中!放送対局でも数々の伝説
番組をみる »

 まずは萩原聖人さんのプロフィールをご紹介します。デビューから現在に至るまで、実に多くの作品で熱演し、その様子に後輩の俳優たちからも尊敬の念を抱かれています。

萩原聖人、俳優と麻雀プロの二刀流で奮闘中!放送対局でも数々の伝説

萩原聖人さんプロフィール


 萩原さんは1971年8月21日、神奈川県茅ヶ崎市出身です。中学卒業後、芸能関係者と知り合うきっかけを持ったところから、俳優への道をスタートしました。1980年代後半からドラマの出演が始まると、映画でも活躍。各映画賞でも受賞が相次ぎました。主役の作品も多いですが、作品の要所を押さえる脇役、助演としての評価も高い俳優です。

Mリーグ2020 - 本編
Mリーグ2020 - 本編

萩原聖人さんはドラマや映画、舞台で活躍

萩原聖人、俳優と麻雀プロの二刀流で奮闘中!放送対局でも数々の伝説

 萩原聖人さんの活躍は、実に多岐に渡ります。ドラマ、映画、舞台と出演作は数えればきりがないほど。ここでいくつか代表作を振り返ってみましょう。

萩原聖人、俳優と麻雀プロの二刀流で奮闘中!放送対局でも数々の伝説

萩原聖人さんの代表作は「月はどっちに出ている」「マークスの山」など 麻雀アニメの声優も


 萩原聖人さんの俳優デビューは1987年、テレビドラマ「あぶない刑事」の置き引き少年の役でした。その後も「はいすくーる落書2」、「学校へ行こう!」、「先生のお気に入り」といった青春ドラマに立て続けに出演。「包丁いっぽん」、「白鳥麗子でございます」、「夏子の酒」、「若者のすべて」なども代表作にあげられます。また映画では、1993年に山田洋次監督「学校」や、崔洋一監督「月はどっちに出ている」、天間敏広監督「教祖誕生」などの作品で数々の映画賞を受賞。1995年に崔洋一監督「マークスの山」で日本アカデミー賞優秀助演男優賞とブルーリボン賞助演男優賞を受賞しました。またアニメの声優も務めた経験があり、漫画家・福本伸行氏の原作をもとにした「闘牌伝説アカギ ~闇に舞い降りた天才~」ではアカギ(赤木しげる)、逆境無頼カイジではカイジ(伊藤開司)と、いずれも主人公を演じました。

Mリーグ2020 - 名局集 - 役満vs三倍満!?史上稀に見る激熱な1局!
Mリーグ2020 - 名局集 - 役満vs三倍満!?史上稀に見る激熱な1局!

萩原聖人さんは芸能界雀士の代表格

萩原聖人、俳優と麻雀プロの二刀流で奮闘中!放送対局でも数々の伝説

 俳優としても大活躍の萩原聖人さんですが、それと肩を並べるぐらいに有名なのが麻雀での活躍です。まだテレビで麻雀番組があまりなかったころから、数々の伝説に残る名局を生み出してきました。

萩原聖人、俳優と麻雀プロの二刀流で奮闘中!放送対局でも数々の伝説

萩原聖人さんの麻雀番組での伝説


 萩原聖人さんと麻雀の関係について語る上で外せないのが、フジテレビ系列で放送されている「THEわれめDEポン」です。1995年の年末から不定期で放送が始まると、深夜放送ながらも、各界の著名人たちが時間ぎりぎりまで熱く劇的な戦いを繰り広げたことで、人気番組となりました。ここで最も多く優勝しているのが萩原聖人さんで、出場45回のうち14回も優勝しています(2021年4月現在)。各対局番組では、単に優勝するだけでなく、大逆転や麻雀の華である役満を何度もアガるなど、そのスター性は麻雀の世界でも輝きました。

Mリーグ2020 - 名局集 - 【倍満集#18】麻雀界のスター!萩原聖人の力強い倍満ツモ!!
Mリーグ2020 - 名局集 - 【倍満集#18】麻雀界のスター!萩原聖人の力強い倍満ツモ!!

萩原聖人さん、2018年についにプロ雀士に!

萩原聖人、俳優と麻雀プロの二刀流で奮闘中!放送対局でも数々の伝説

 芸能界きっての凄腕雀士であった萩原聖人さんですが、2018年についにプロ雀士となることを決意します。これには後に参戦することになるプロ麻雀リーグ「Mリーグ」が大きく関わっていました。

萩原聖人、俳優と麻雀プロの二刀流で奮闘中!放送対局でも数々の伝説

麻雀プロになることを番組の生放送中に宣言


 萩原聖人さんは2018年7月に、ABEMAの麻雀番組の生放送中に登場。ここで自身のプロ入りを宣言しました。所属先は国内最大手のプロ団体、日本プロ麻雀連盟でした。それまで、あえてプロにならない選択をしてきた萩原聖人さんですが、同年秋にスタートしたMリーグは、指定の5つのプロ団体に所属していることが条件でもあったため、この夢舞台で活躍するためのプロ入りでもありました。宣言時の主なコメントは以下のとおりです。

 「Mリーグがこの秋から始まるということで、自分もどうしてもその舞台で自分の麻雀人生をかけて、その舞台に立ちたいと思い、ずっと僕はプロにならないでいたんですけど、このタイミングしかないと思い、日本プロ麻雀連盟さんにお世話になることになりました。連盟さんは本当に僕が好きな打ち手たちがいっぱいいるので、そこで。連盟さんを選んだのは、とにかく厳しさがあるというのが、とても大きな理由だったんです。みんなと切磋琢磨して、Mリーグも盛り上げていければと思います。もちろん麻雀も俳優も、二足の革靴をしっかり履いて、頑張っていきますのでよろしくお願いします」

Mリーグ2020 - 名局集 - 萩原トップを決定付けたリーチ!2020年最後の試合の聖夜で自身初勝利!
Mリーグ2020 - 名局集 - 萩原トップを決定付けたリーチ!2020年最後の試合の聖夜で自身初勝利!

萩原聖人さんが所属するのは日本プロ麻雀連盟

萩原聖人、俳優と麻雀プロの二刀流で奮闘中!放送対局でも数々の伝説

 萩原聖人さんが所属している日本プロ麻雀連盟は、最大手のプロ団体でもあり、多くの人気プロを抱えています。どんな選手たちがいるのか、ここで確認してみましょう。

萩原聖人、俳優と麻雀プロの二刀流で奮闘中!放送対局でも数々の伝説

日本プロ麻雀連盟は国内最大手


 日本プロ麻雀連盟は、1981年3月に設立されました。初代会長は、萩原聖人さんも心の師と仰ぐ「ミスター麻雀」故・小島武夫さんです。2代目会長は灘麻太郎さん、そして3代目が現会長の森山茂和さんです。所属人数は、ホームページに掲載されているプロだけでも東京本部で300人を超えており、全体では700人前後いると言われてもいます。

 男女ともに有名な雀士が多く、Mリーガーも多数輩出しています。また芸能界でも活躍しているプロも多数在籍しており、モデルの岡田紗佳さん、声優の大亀あすかさんなどがいます。また最近では元乃木坂46の中田花奈さん、アイドルの武田雛歩さんが入会したことでも話題になりました。

◆日本プロ麻雀連盟のMリーガー

EX風林火山 二階堂亜樹、滝沢和典、勝又健志
KADOKAWAサクラナイツ 内川幸太郎、岡田紗佳、沢崎誠
KONAMI麻雀格闘倶楽部 佐々木寿人、高宮まり、前原雄大、藤崎智
渋谷ABEMAS 白鳥翔
セガサミーフェニックス 魚谷侑未、和久津晶
TEAM雷電 萩原聖人、瀬戸熊直樹、黒沢咲

 日本プロ麻雀連盟のプロは、メディアでの活躍も多く、KONAMIの麻雀ゲーム・アプリ「麻雀格闘倶楽部」では、多くのプロが参加し、ファンたちと対局を行うことでも知られています。

Mリーグ2020 - オフショット - 【3月 TEAM RAIDEN / 雷電】大和証券 Mリーグ2020 オフショット
Mリーグ2020 - オフショット - 【3月 TEAM RAIDEN / 雷電】大和証券 Mリーグ2020 オフショット

萩原聖人さんはMリーガー

萩原聖人、俳優と麻雀プロの二刀流で奮闘中!放送対局でも数々の伝説

 前述のとおり萩原聖人さんは、Mリーグでプレーするためにプロ雀士になりました。初年度となった2018年度から現在に至るまで、その成績を確認してみましょう。

萩原聖人、俳優と麻雀プロの二刀流で奮闘中!放送対局でも数々の伝説

所属はTEAM雷電


 萩原聖人さんが所属しているのは、株式会社電通による「TEAM雷電」です。1年目の2018シーズン前に行われたドラフト会議で、萩原聖人さんは1位指名を受けてチーム入りが決まります。瀬戸熊直樹さん、黒沢咲さんも指名を受け、チーム結成以来、この3人で戦い続けています。萩原聖人さんの個人の成績としては、かなり苦戦を強いられており、2020シーズンのレギュラーシーズンでは、30人中最下位に終わりました。ただ、魅せる麻雀は多くのファンの心を掴んで話さず、またインタビュー時のトークもさすがと思わせるものばかりで、今後のさらなる活躍に期待が寄せられています。

◆過去の成績

2018シーズン 個人13位(21人中) ▲61.0
2019シーズン 個人27位(29人中) ▲251.5
2020シーズン 個人30位(30人中) ▲460.8

Mリーグ2020 - オフショット - 【2月 TEAM RAIDEN / 雷電】大和証券 Mリーグ2020 オフショット
Mリーグ2020 - オフショット - 【2月 TEAM RAIDEN / 雷電】大和証券 Mリーグ2020 オフショット

萩原聖人まとめ

萩原聖人、俳優と麻雀プロの二刀流で奮闘中!放送対局でも数々の伝説

 自身の夢を持ってプロ雀士となり、多忙な俳優業との両立を行いながら戦い続ける萩原聖人さん。Mリーグではまだ思い描いたような成績を残せていませんが、他の対局番組などでは活躍もあり、今後もさらなる熱いプレーを見せてくれることでしょう。