リーグ史上最高級の2000点 勝又健志、絶体絶命から逆転2着 選手もファンも感動の嵐でトレンド入り/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 土俵際から“軍師”が乾坤一擲の采配で逆転2着。最終決戦への細い糸を手繰り寄せた。プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2020」セミファイナルシリーズ、4月30日の第2試合、EX風林火山・勝又健志(連盟)が「条件戦」を勝ち上がり、チームをファイナルへ導く、大活躍をみせた。

【動画】「牌で会話」した多井と勝又

 勝又が満たすべき条件は「トップもしくは3万800点以上の3着、あるいは1万800点以上の2着」。負ければチームは再編成を行うと公表しているチームはまさに絶体絶命。実況の小林未沙は試合直前の勝又の談話として「緊張はしません。こういう試合を任されるために麻雀プロをやってきた」と笑顔まであったと紹介した。

 勝又は東場から積極的にリーチ、そして仕掛けを駆使し加点。南1局1本場には堀への放銃でラス落ちするも、大物手一つアガればトップも狙える位置をキープする。南2局、親番でさあここから加点だ、と息巻いたのは配牌から1枚切ったところまで。なんと園田がダブリー、一瞬にして勝又は窮地に追い込まれる。安易にオリるわけにはいかない。生牌をいくつも通し、自身のアガリがないとみるや歯を食いしばってのベタオリ。ここを凌ぎ、流局に持ち込んだ。

 反撃のチャンス到来は南3局2本場、供託1000点が置かれた状況で勝又は好配牌を手にすると、5巡目に四・七万の先制リーチ。ファンも固唾を飲んで見守る。10巡目、待ち焦がれた七万が訪れリーチ・ツモ・タンヤオの4000点(+600点、供託1000点)を獲得。裏ドラ乗らずも大きなこのアガリに視聴者からは「ここからだ!勝又!頑張れ!!!」「裏ドラ乗らなくてもでかい」「熱い!」と大歓声が飛んだ。今期、裏ドラがほとんど乗らずに苦しんだ勝又、ここでも乗らず僅差は続き、場面は最終局面へ。

リーグ史上最高級の2000点 勝又健志、絶体絶命から逆転2着 選手もファンも感動の嵐でトレンド入り/麻雀・Mリーグ

 南4局を3着目で迎えた勝又の条件は、1800点差の園田を逆転すること。赤1枚の配牌を手にした勝又は、タンヤオ赤の2000点へ向けてフルスロットル。2索をポンすると、ドラの八万を豪快に叩きつけ、自身の手の内を現状トップ目で上家の多井にアピール。差し込みを受けて、勝又はタンヤオ・赤の2000点を獲得。文句なし、リーグ史上最高級とも言える2000点だ。

 絶体絶命の危機もあった。しかし冷静沈着な“軍師”は自分が持つ技術の全てを卓上へ注ぎ、チームを救った。インタビューでは「プレッシャーのかかる大事な対局で出させていただいた。苦しかったですが、良かったです」と喜びを噛み締めた。

 この試合の反響はTwitterでも広がり、「風林火山」「勝又さん」がトレンド入りを果たした。また多数のMリーガーもこの中継を観戦。U-NEXT Pirates・小林剛(麻将連合)は「すごい半荘だった。みなさんおつかれさまでした!」と試合画像を添えてツイートし、同チームの朝倉康心(最高位戦)は「最終戦はどちらを応援しているわけでもない選手目線でも胃が痛くなるようなあまりにも濃い半荘で、風林火山、格闘倶楽部のどちらのファンの方もその心中たるや…」と選手の思いを推し量っていた。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。

ABEMA/麻雀チャンネルより)

勝利者インタビュー 内川幸太郎
勝利者インタビュー 内川幸太郎
トッププロ同士の牌による会話
トッププロ同士の牌による会話
セミファイナル最終戦インタビュー
セミファイナル最終戦インタビュー