31試合でラスはわずかに1回!U-NEXT Pirates・小林剛が驚異の「0.9677」で4着回避率のタイトル獲得/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 「朝日新聞Mリーグ2020」ファイナルシリーズの最終日が5月18日に行われ、EX風林火山の初優勝で2020シーズンは幕を閉じた。試合終了後の表彰式では、各選手が獲得した個人タイトルの授与が行われ、4着回避率部門で1位となったU-NEXT Pirates・小林剛(麻将連合)が登壇した。

【動画】EX風林火山、大逆転で初優勝!

 ディフェンディングチャンピオンとして2020シーズンを迎えたU-NEXT Piratesだったが、連覇は叶わず7位でレギュラーシーズン敗退。そんな中でも“船長”小林の安定感は際立っており、31試合に出場してラスはわずか1回のみ。4着回避率は驚異の0.9677を記録し、シーズン終盤には試合日のたびに小林を起用する「一日一剛」作戦も注目を集めた。

 藤田晋チェアマンよりメダルを授与された小林は、「麻雀の成績の評価は非常に難しくて、4着回避は評価軸のほんの一部でしかない」と生粋のデジタル派らしくクールに分析しつつ、「31戦で1回というのは、自分としてもこんないい偶然はなかなかない、という数字なので満足しています」と笑顔でコメント。来期に向けて「Mリーグの評価方法においては大事なのは4着回避だけではないので、4着回避を少しだけ意識しながらも、トータルポイントを伸ばすという目標に向かって頑張っていきたいと思います」と+337.5で30選手中3位となった個人スコアのさらなる上昇に意欲を示した。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。
ABEMA/麻雀チャンネルより)

優勝は【EX風林火山】 優勝シャーレと賞金5000万円を獲得!
優勝は【EX風林火山】 優勝シャーレと賞金5000万円を獲得!
EX風林火山優勝インタビュー
EX風林火山優勝インタビュー
藤田チェアマンによるMリーグ2020閉幕宣言
藤田チェアマンによるMリーグ2020閉幕宣言