チーム羽生、奇跡の予選突破!絶体絶命から3チーム同点に並び抽選勝ちの幸運も/将棋・ABEMAトーナメント
番組をみる »

 将棋の神様は、奇跡を信じて戦った3人に微笑んだ。プロ将棋界唯一の団体戦「第4回ABEMAトーナメント」予選Cリーグ第3試合、チーム羽生とチーム木村の対戦が6月5日に放送され、チーム羽生がスコア5-2で勝利した。この結果、先に試合を終えていたチーム豊島を含めた3チームが1勝1敗、得失点差±0で並ぶことに。本戦トーナメント進出決定を決める抽選で、リーダー羽生善治九段(50)が当たりくじを引き当てる幸運もあり、絶体絶命の状況から予選突破をもぎ取った。

【動画】予選突破を決めたチーム羽生の3人

 1つの勝利から、大逆転劇が始まった。チーム豊島との試合に2-5で敗れたため、チーム木村との試合は5-3以下だと勝利しても予選敗退になるチーム羽生。1つの星も無駄にできない局面で、第1局を任された中村太地七段(33)が踏ん張った。相手のリーダーで、フィッシャールールに非常に高い適性を魅せる木村一基九段(47)と、相掛かりでぶつかり合い。相手の出鼻をくじくような工夫を見せつつ持ち前の攻撃的な将棋を貫くと、90手で勝利。今大会初勝利を手にした。すると続く第2局で池永天志五段(28)、第3局で佐々木勇気七段(26)も下し、大会史上初の3連投・3連勝を果たし、初戦の敗退ムードを完全に払拭した。

 続く第4局は佐藤紳哉七段(43)が落としたものの、ここからリーダー羽生九段が奮闘した。第5局は佐々木七段に完敗し、スコアは3-2に。1局でも落とせば、その時点で予選敗退が決まるというピンチになったが、第6局では池永五段に相矢倉から貫禄勝ち。そして第7局は佐々木七段の猛攻に苦しみながらも終盤で執念の逆転。激戦を146手で勝利し、チーム木村戦の勝利を決めるとともに、3チームが勝敗数、得失点差で並ぶ状況を作り上げた。さしもの羽生九段でも、特に第7局の劣勢を跳ね返せると思えなかったファンも多かったようで、感動を呼ぶ逆転勝利に「熱い!熱すぎる展開!!」「神回すぎる」「泣きそう」と、多くの声が寄せられていた。

 並んだ3チームは、各リーダーによる本戦進出決定のトーナメントを実施することになったが、ここで先に行われる抽選で当たりくじを引けば、予選通過となる2位以上が確定するルール。ここで羽生九段が当たりを引く幸運もあり、トーナメントでは木村九段に敗れたものの、リーグ2位で本戦出場を決めた。

チーム羽生、奇跡の予選突破!絶体絶命から3チーム同点に並び抽選勝ちの幸運も/将棋・ABEMAトーナメント

 神経をすり減らす激闘を繰り返してきたチーム羽生の3人。羽生九段が「非常に苦しい展開が続いていましたが、なんとか追いつく展開になった。他のみなさんも、すごく頑張ってくださった」と振り返れば、3連勝した中村七段は「自分でも望外の結果。思い切りよく指すことができました」とにっこり。唯一、白星をつかめなかった佐藤七段も本戦に向けて「本戦では本当に頑張って、まず1勝です」と気合を入れていた。

 初戦ではいきなり4連敗の出だしにもなり、雰囲気が落ち込みそうなところでもあったが、常に明るく振る舞ってきたチーム羽生の棋士たち。常に前向きに、真剣に将棋を楽しむ精神も、この好結果につながった。ファンからは、最も雰囲気がいいという意味でも評判が高いチーム羽生。苦しいところから這い上がった者の強さを、今度は本戦の舞台でいかんなく発揮する。

◆第4回ABEMAトーナメント 第1、2回は個人戦、第3回からは3人1組の団体戦として開催。ドラフト会議で14人のリーダー棋士が2人ずつ指名。残り1チームは、指名漏れした棋士がトーナメントを実施、上位3人が15チーム目を結成した。対局は持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算のフィッシャールールで行われる。チームの対戦は予選、本戦トーナメント通じて、5本先取の9本勝負。予選は3チームずつ5リーグに分かれて実施。上位2チーム、計10チームが本戦トーナメントに進む。優勝賞金は1000万円。

(ABEMA/将棋チャンネルより)

逆転勝利に歓喜のチーム羽生
逆転勝利に歓喜のチーム羽生
激闘を振り返る羽生九段
激闘を振り返る羽生九段
大活躍した中村太地七段
大活躍した中村太地七段