豊島将之竜王、今年もプレーオフで涙「チームメイトの方に申し訳ない」/将棋・ABEMAトーナメント
番組をみる »

 超一流のトップ棋士が、まさかの2年続けてプレーオフ敗退だ。プロ将棋界唯一の団体戦「第4回ABEMAトーナメント」予選Cリーグの模様が6月5日に放送された。チーム豊島、チーム羽生、チーム木村の3チームは1勝1敗、得失点差±0で並ぶ大混戦になり、各チームリーダーによる本戦進出チーム決定トーナメントが行われたが、豊島将之竜王(叡王、31)は1回戦で木村一基九段(47)に敗戦。リーグ3位で予選敗退が決定すると「敗退という形になってしまって、チームメイトの方に申し訳ない」と、物静かにコメントした。

【動画】惜しくも予選敗退となった豊島将之竜王

 タイトル6期で、現在も二冠。渡辺明名人(棋王、王将、37)に次ぐ序列2位の豊島竜王だが、この団体戦ではまたも悔しい思いに唇を噛むことになった。第1試合ではチーム木村に2-5で敗れたものの、続く第2試合ではチーム羽生に5-2で勝利。第3試合の内容次第で、予選通過が決まるはずだったが、結果はまさかの3チームが横一線。当たれば予選通過というくじ引きもはずれ、木村九段との運命の一局に臨むことになった。

 後手番から木村九段得意の相掛かりを受けて立つ格好になったが「途中でうっかりしてしまって、その後がぐちゃぐちゃになってしまいました」と振り返るように、中盤以降から差をつけられると、逆転を狙っての粘りも届かず惜敗。チームメイトの佐々木大地五段(26)、大橋貴洸六段(28)のところに、勝利の報告を持ち帰ることができなかった。

豊島将之竜王、今年もプレーオフで涙「チームメイトの方に申し訳ない」/将棋・ABEMAトーナメント

 豊島竜王は、昨年の大会でも予選でチーム三浦と同率で並び、本戦出場をかけた一番勝負で対戦。この対局でも敗れ、2年連続で予選突破を目前にして大会を去ることになった。「最後負けてしまって、予選敗退という形になってしまったので、申し訳なく思っています。個人的には前進した感じがしてよかったんですけど…」。昨年、今年と普段はなかなか見られない“とよぴー”の笑顔が見られると、ファンの間では評判だっただけに、今年も惜しまれての予選敗退。来年こそは、さらに勝利を重ねてもっと笑顔を見せる。

◆第4回ABEMAトーナメント 第1、2回は個人戦、第3回からは3人1組の団体戦として開催。ドラフト会議で14人のリーダー棋士が2人ずつ指名。残り1チームは、指名漏れした棋士がトーナメントを実施、上位3人が15チーム目を結成した。対局は持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算のフィッシャールールで行われる。チームの対戦は予選、本戦トーナメント通じて、5本先取の9本勝負。予選は3チームずつ5リーグに分かれて実施。上位2チーム、計10チームが本戦トーナメントに進む。優勝賞金は1000万円。

(ABEMA/将棋チャンネルより)

予選敗退した豊島将之竜王
予選敗退した豊島将之竜王
逆転勝利に歓喜のチーム羽生
逆転勝利に歓喜のチーム羽生
激闘を振り返る羽生九段
激闘を振り返る羽生九段