アニメ「幼なじみが絶対に負けないラブコメ」10話はCパートも見逃せない!ヒロインの“三者対談”が怖すぎると話題に
番組をみる »

 6月16日より順次放送中のアニメ「幼なじみが絶対に負けないラブコメ」第10話での、メインヒロイン3人による密談が、「バチバチすぎてウケた」と反響を呼んでいる。

【動画】「幼なじみが絶対に負けないラブコメ」全話リスト

 「幼なじみが絶対に負けないラブコメ」(以下「おさまけ」)は、二丸修一氏による同名ライトノベルが原作。彼女いない歴17年の主人公・丸末晴(CV:松岡禎丞)が、幼なじみの志田黒羽(CV:水瀬いのり)とともに初恋相手へのリベンジを企てるラブコメディだ。

 前回の第9話では、黒羽と可知白草(CV:佐倉綾音)、坂真理愛(CV:大西沙織)のメインヒロイン3人が動画作成のためにダンスの練習に励む回だった。普段は黒羽と白草が歌う楽曲「戦略的で予測不能なラブコメディのエンディング曲」がエンディングテーマとして流れるが、第9話では黒羽と白草、真理愛の3人が歌う新曲「パラダイスSOS」に変更された。さらに、同楽曲に合わせてヒロイン3人が本編で練習していたダンスを披露する演出も施され、ファンからは「歌声とダンス最高でした!」「ありがとう動画工房」など称賛のツイートが相次いだ。

 第10話「乙女たちの密談」エンディング終了後のCパートでは、黒羽、白草、真理愛による話し合いが描かれた。話し合いでは、腕をケガした末晴の世話を3人が交代ですることが決定したほか、黒羽と真理愛がお互いの悪口を言い合う様子などがコミカルに描かれた。また、妹キャラの真理愛が「お2人ともまんまとハマりましたね」と心の中でつぶやくなど、3人が何か企んでいることを示唆する場面もあり、Twitter上では「みんな悪い顔してる…」「ん?恋愛頭脳戦?」「三者対談が怖すぎる件」「すんげー修羅場」「バチバチすぎてウケた」といった声が上がっていた。

第10話「乙女たちの密談」

【あらすじ】

沖縄旅行の最後で、白草をかばって怪我をしてしまった末晴。身の回りの世話をするため、末晴の家に住むことになった白草は他の二人を出し抜けてまんざらでもない様子。しかし一緒に来たメイドの紫苑は、末晴の誰に対しても煮え切らない態度に苦言を呈する。翌日、真理愛も登校が始まり、常にハーレム状態の末晴に学校の男子一同からは非難轟々で…。

(C)2021 二丸修一/KADOKAWA/おさまけ製作委員会

幼なじみが絶対に負けないラブコメ
幼なじみが絶対に負けないラブコメ
幼なじみが絶対に負けないラブコメPV
幼なじみが絶対に負けないラブコメPV