アニメ「呪術廻戦」番組サムネイル
番組をみる »

 「呪術廻戦」は、芥見下々氏が週刊少年ジャンプにて連載する人気漫画です。個性豊かなキャラクターと「呪術」をベースにした世界観、派手なアクションシーンなどで好評を博し、原作コミックは累計発行部数5,500万部を越えました。TVアニメも2020年10月から2021年3月まで全24話が制作されており、2021年12月24日には「劇場版 呪術廻戦 0」の公開が予定されています。

【動画】アニメ「呪術廻戦」

 この記事では「呪術廻戦」に登場するキャラの中から、人間と呪霊の混血である脹相(ちょうそう)をピックアップします。脹相が混血である理由や生まれた経緯、弟の壊相と血塗の情報などを解説していきます。

目次

  • 脹相が登場する人気アニメ「呪術廻戦」とは
  • アニメ「呪術廻戦」脹相とは?プロフィールや声優も紹介
  • アニメ「呪術廻戦」特級呪物「呪胎九相図」とは
  • アニメ「呪術廻戦」脹相の弟・壊相と血塗とは
  • アニメ「脹相」の情報まとめ

脹相が登場する人気アニメ「呪術廻戦」とは

 アニメ「呪術廻戦」は、呪術を使える人間「呪術師」と、人間の負の感情から生まれた「呪霊」の戦いを描いた物語です。呪術師と呪霊は対立した存在であり、主人公・虎杖悠仁(いたどり ゆうじ)が呪いの王・両面宿儺(りょうめんすくな)と同化し、復活させてしまったことから戦いが激化していきます。

 基本的に呪術師サイドと呪霊サイドは完全に対立しているため、人間と呪霊の混血である脹相はその中間と言えるめずらしい存在として描かれています。呪術師にとって呪霊は祓うべきものであり、呪霊にとって人間は呪うべきものとしてお互いを認識しているのです。

 舞台となる東京都立呪術高等専門学校、通称・呪術高専には五条悟(ごじょう さとる)や伏黒恵(ふしぐろ めぐみ)をといった呪術師たちが所属しています。いずれ劣らぬ個性豊かな魅力の持ち主ばかりで、ファンがSNS上で推しキャラについて語る姿もよく見られます。

アニメ「呪術廻戦」脹相とは?プロフィールや声優も紹介

 脹相は、人間と呪霊の間に生まれた9体の胎児である特級呪物・呪胎九相図(じゅたいくそうず)が受肉した存在です。脹相は9体の長兄にあたり、2番目の壊相(えそう)、3番目の血塗(ちけず)とともに登場します。

 アニメにて、脹相が初めて登場するのが第24話、壊相の回想シーンです。受肉したばかりの脹相と壊相、血塗が呪霊に付くことを話しあっている様子が映されています。このシーンからは、脹相は人間と呪霊の混血であるがゆえに、中途半端な立ち位置のキャラクターであることが読み取れます。現在は呪霊側に付いていますが、それはあくまで都合がいいからです。

脹相が初登場する「呪術廻戦」24話
脹相が初登場する「呪術廻戦」24話

脹相の基本情報【プロフィール】

■等級 特級(特級呪物・呪胎九相図1番が受肉した姿)
■術式 不明
■嗜好・興味 弟
■嫌いな物 加茂憲倫
(出典:呪術廻戦公式ファンブック)

 脹相の区分は呪霊ではなく受肉体(呪物が受肉した姿)です。等級は特級ですが、これは特級呪物・呪胎九相図が受肉した存在のため、特級の区分になっています。アニメ24話時点で戦闘シーンは無く、術式は不明です。

 弟を大切に思っているようで、24話の数少ない登場シーンの中でも、兄弟愛が強い様子が描かれていました。中でも「壊相は血塗のために」「血塗は俺のために」「俺は壊相のために生きる」というセリフは印象的です。また嫌いな物は加茂憲倫(かも としのり)とありますが、これは加茂憲倫が脹相たちの母を利用して呪胎九相図を生み出したことに由来すると考えられます。

脹相の基本情報【声優】

 アニメ「呪術廻戦」で脹相の声を担当するのは、浪川大輔(なみかわ だいすけ)さんです。数々のアニメに出演するだけでなく、映画の吹き替えで活躍していたり、声優事務所・ステイラックの代表取締役を務めたりと、幅広い分野で活躍しています。

 また、子役としても活躍していたため、キャリアは2021年時点で35年以上。2021年時点で45歳ですが、すでに大御所声優と肩を並べるキャリア年数を持っています。

 演じた代表的なキャラクターは、「機動戦士ガンダムUC」リディ・マーセナスや「Fate/ Zero」ウェイバー・ベルベット、「ヘタリア Axis Powers」イタリアなど。映画の吹き替えでは、「ロードオブ・ザ・リング」のフロド・バギンズや「ターミネーター2」のジョン・コナーなどを担当しています。

アニメ「呪術廻戦」特級呪物「呪胎九相図」とは

 脹相を含めて9体存在する「呪胎九相図」とはいったいどんなものなのでしょうか? その詳細について分かっていることは少なく、「人間と呪霊の混血であること」「1~3番は特級呪物であること」「全部で9体存在すること」くらいです。

 前述のとおり、現時点でアニメに登場しているのは、9体のうち1番(脹相)・2番(壊相)・3番(血塗)の3体だけです。ちなみに、脹相・壊相・血塗といった呪胎九相図の名前は、死体が朽ちていく姿を描いた仏教絵画である「九相図」が元ネタになっています。

呪霊と人間の間に生まれた9体の胎児

 「呪胎九相図」が生まれたのは明治時代の初め、呪霊の子を孕む特異体質の女性から産み落とされました。この女性については、呪霊の子を孕むことで親類縁者から嫌われていたことや、子の亡骸を抱えて山寺へ駈け込む行動をとっていたことなど以外は、詳細を語られていません。

 そして、女性が駆け込んだ山寺で住職をしていたのが、史上最悪の呪術師として語られている加茂憲倫です。加茂は女性の特異体質に強く興味を持ち、女性はこの後9度の懐妊と堕胎を繰り返します。その9度の堕胎で取り上げられたのが9体の呪胎九相図というわけです。

 9度の懐妊と堕胎がどのように行われたかは記録が残っておらず、女性がその後にどうなったのかも不明です。呪胎九相図1~3番が現在まで残っているのは、強力な特級呪物だからこそできる「生命を止め他に害を為さない」という縛りによる存在保証が可能だったからです。

アニメ「呪術廻戦」脹相の弟・壊相と血塗とは

 呪胎九相図の2番・壊相と3番・血塗は脹相と同様に虎杖たちの敵として登場するキャラクターです。脹相とはかなり見た目が異なり、2番、3番と進むにつれ、より呪霊に近い見た目になります。等級はどちらも特級で、血に関する術式の使い手です。

呪胎九相図2番「壊相」とは

 壊相は、露出の多いボンテージのような服装と、前髪だけ残した髪型が印象的なキャラクターです。紳士のように柔らかな言葉遣いと、鍛え抜かれた筋肉というミスマッチな組み合わせも特徴的です。

■等級 特級(特級呪物・呪胎九相図2番が受肉した姿)

 壊相の術式は、対象に毒を含んだ血を浴びせることで分解する「触爛腐術」です。作中に登場した技に、血を浴びせた部分から肉体を腐らせていく「朽」や、血を蝶の羽のように広げて射出する極ノ番「翅王」があります。

 血が対象を殺傷するスピードは、血を浴びせた量によって異なります。第24話で顔に血を浴びた虎杖は15分程度、腕に血を浴びた釘崎野薔薇(くぎさき のばら)は10分程度と宣言されており、分解される過程で強い痛みも伴います。術式の発動は、血塗が浴びせた血に対しても可能です。

 また、壊相の背中には血を垂れ流す顔のようなものがあり、そのため背中にコンプレックスを持っています。背中を見られるのが相当嫌いなようで、作中では背中を見た虎杖たちに「バチ殺し!!」と怒りをあらわにするシーンもありました。ちなみに、露出が多い服を着ているのは、血を垂れ流している背中が蒸れるためだそうです。

呪胎九相図3番「血塗」とは

 呪胎九相図3番・血塗は、脹相や壊相と比べ、かなり呪霊に近い姿をしています。フォルムは全体的に丸く、大きく開いた口が特徴。移動時は手足を使った四足歩行になります。外観は人間離れしていますが、それでも知能は脹相や壊相と同等にあり、作中では「ゴメン兄者ァ!! わざとじゃねぇ!! わざとじゃねぇんだ!!」と言葉を発する姿も見られます。

 術式は壊相と同じく、血を用いる術式を使います。また、壊相と同様に、壊相の浴びせた血に対しても術式を発動できます。

 「呪術廻戦公式ファンブック」によると、大きな口の上にある顔は、器となった人間のもの。血塗が脹相・壊相に比べて呪力が弱いため、器となった人間の面影が残り、顔が2つあるような姿になっているとのことです。

アニメ「脹相」の情報まとめ

 脹相は人間と呪霊の混血という、いわば中間ポジションにある存在です。アニメ1期終了時点では出番がほとんどありませんが、2期が制作・放送された場合、この設定がどう活かされてくるのか気になるところです。「呪術廻戦」は呪術師と呪霊の対立を描いた作品だけに、脹相という中間ポジションからストーリーをあらためて見返すと、呪術師と呪霊の目的がより明確に分かるかもしれませんね。

(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

呪術廻戦
呪術廻戦
アニメ「呪術廻戦」声優一覧 TVアニメ・劇場版出演の全キャスト100人を網羅
アニメ「呪術廻戦」声優一覧 TVアニメ・劇場版出演の全キャスト100人を網羅
ABEMA TIMES
アニメ「呪術廻戦」乙骨憂太の声優や基本情報を紹介!劇場版の展開も予想
アニメ「呪術廻戦」乙骨憂太の声優や基本情報を紹介!劇場版の展開も予想
ABEMA TIMES