渋谷ABEMAS、全4選手の残留を発表 2021シーズンで悲願の初優勝へ/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 プロ麻雀リーグ「Mリーグ」の渋谷ABEMASは6月28日、2021シーズンについて多井隆晴(RMU)、白鳥聡(連盟)、松本吉弘(協会)日向藍子(最高位戦)の4選手と契約を更新することを発表した。

【動画】「Mリーグ」2020シーズン、ファイナルの激闘

 渋谷ABEMASはMリーグ初年度の2018シーズンから参戦。ここから唯一3シーズン連続でファイナル進出を果たすものの、最終順位も全て3位。特に2020シーズンにおいてはレギュラーシーズン、セミファイナルシリーズと首位で通過。悲願の優勝を「完全優勝」で果たせる可能性が十分にあったが、ファイナルシリーズで失速。EX風林火山に逆転優勝を許す結果となった。

 渋谷ABEMASは2017シーズンに多井、白鳥、松本の3人でスタート。2018シーズンに日向が入り4人体制になったが、2021シーズンは同じメンバーで3シーズン目を迎えることになる。

 今オフはKONAMI麻雀格闘倶楽部で前原雄大、藤崎智(いずれも連盟)、セガサミーフェニックスで和久津晶(連盟)が自由契約になるなど、ドラフトに注目が集まり始めている。

(ABEMA/麻雀チャンネルより)

Mリーグ・ファイナルの激闘
Mリーグ・ファイナルの激闘