平賀聡彦が大きな卓内トップ 降級圏から脱出に成功/麻雀・最高位戦A1リーグ
番組をみる »

 麻雀プロ団体・最高位戦日本プロ麻雀協会の最高峰タイトル「最高位」の決定戦進出を争うA1リーグの第7節が6月30日に行われ、a卓では平賀聡彦が+115.4の大量ポイントで卓内トップを取った。

【動画】平賀聡彦が大きなトップとなった最高位戦A1リーグ第7節a卓

 12人中下位2人が降級するA1リーグで11位と苦戦していた平賀だったが、この日は大爆発。1回戦からトップでスタートを切ると、続く2回戦でも6万点オーバーのトップ。残り2戦は2着、3着にまとめると、トータルの暫定順位も8位まで浮上した。「今日100以上勝ってプラス域が見えてきたので、上を目指せるようにこれからも頑張ります」と、まずは▲57.5にまで減ったマイナスの完済を目標としていた。

【試合結果】

1位 平賀聡彦 +115.4

2位 新井啓文 +16.4

3位 齋藤敬輔 ▲6.2

4位 村上淳 ▲125.6

 ◆最高位 最高位戦日本プロ麻雀協会の最高峰タイトル。A1リーグは全12節、48半荘のリーグ戦を行い、上位3人と前年優勝の最高位の4人で決定戦を行う。決定戦は1日に半荘4回戦の5日制で、計20回戦行われる。

 ◆最高位戦日本プロ麻雀協会 1976年に設立。東京、関西、東海、北海道、新潟に拠点があり、所属会員数は約380人。主なプロは金子正輝、近藤誠一、村上淳、石橋伸洋、茅森早香、石井あや、大平亜季ら。主催タイトル戦は最高位、女流最高位、最高位戦Classic、發王戦、新輝戦、女流名人戦、新人王戦。代表理事・新津潔。

ABEMA/麻雀チャンネルより)

大きな卓内トップを取った平賀
大きな卓内トップを取った平賀
大和証券M.LEAGUE 2020 レギュラーシーズン REVIEW 赤坂ドリブンズ
大和証券M.LEAGUE 2020 レギュラーシーズン REVIEW 赤坂ドリブンズ