翔猿の“知恵”も通じず 白鵬、レスリングばりのレア相撲も慌てず7連勝
番組をみる »

大相撲七月場所>◇七日目◇10日◇名古屋・ドルフィンズアリーナ

 横綱・白鵬(宮城野)が、前頭三枚目・翔猿(追手風)を上手投げで下し、初日から7連勝となった。翔猿は大横綱に対して、仕切り線から大きく離れて立ち合うなど、工夫を見せた一番になり、ファンからは「レスリングだ」「なんだこれ!」と大盛り上がりに。館内もどよめきと歓声が入り交じることになった。

【動画】レスリングばりのレア相撲となった白鵬-翔猿

 まともにぶつかっては勝機がないと考えたか、翔猿は仕切り線から大きく後ろに下がり、立ち合った後もぶつかることなく間合いを取る展開に。白鵬から張り手、突き押しを受けても組まずに何度も離れ、時には両者が棒立ちのような姿勢になるなど、レスリングさながらの内容となった。

 翔猿の秘策に最初は面食らった様子の白鵬ではあったが、徐々に自分のペースに引きずり込むとじりじりとプレッシャーをかけたため、翔猿は先に息が上がることに。いよいよ策が尽きたのか、組みにいったところを白鵬が余裕たっぷりに上手投げで転がした。

 中継していたABEMAで解説を務めた元横綱・若乃花の花田虎上は「白鵬が前に出てきませんでしたね。あれだけ構えられてしまうと、翔猿も苦しくなる」と分析。「翔猿が白鵬が困ることを遠慮せずにやるのはいいですが、白鵬がうまい。細かく張り手で相手を起こしていた。最後はぶつかり稽古みたいになっちゃいましたね」と、白鵬の落ち着きぶりを高く評価していた。

 一方、取組を見守っていたファンからは「これは相撲なのか」「レスリング相撲」「組むとあっさりw」「こんなの初めて見た」など、様々なコメントが飛び交っていた。

(ABEMA/大相撲チャンネルより)

“横綱相撲”で7連勝の照ノ富士
“横綱相撲”で7連勝の照ノ富士
間合いを取る両力士
間合いを取る両力士