危なげ一切なし 照ノ富士、盤石の9連勝で綱取りにさらに前進 土俵際の気遣いにファン「人柄も立派」
番組をみる »

大相撲七月場所>◇九日目◇12日◇名古屋・ドルフィンズアリーナ

 大関・照ノ富士(伊勢ヶ濱)が前頭五枚目・隠岐の海(八角)を寄り切りで下し、無傷の9連勝を遂げた。綱取りがかかる照ノ富士の安定感溢れる取組に、視聴者からは「強すぎワロタww」「横綱相撲」といった声が続々と寄せられた。

【動画】両腕をそっと添える照ノ富士

 大関復帰した夏場所で優勝を果たし、今場所で綱取りに挑んでいる照ノ富士。これまで力強い取り口で確実に白星を伸ばしてきたが、隠岐の海と対戦した九日目の取組では、立ち合い落ち着いて当たるとすぐに左下手を掴み、引きつけながら左四つの体勢で前に出て寄り切り、危なげなく勝ち星を挙げた。勝負が決した後の土俵際では、対戦相手が落ちないようにと両腕で支えて気遣うようなそぶりも見せていた。

 危なげなく勝利した照ノ富士の取組を受けて、ABEMAで解説を務めた元小結の旭道山は「危なくないような形にしたんですよ、照ノ富士さんは」と説明。「(もし隠岐の海が右上手を引いていたら)危なかったです。やっぱり照ノ富士さんは左をちゃんと入れて腕を返していますから」と勝因を分析した。

 照ノ富士の9連勝に、視聴者からは「強すぎワロタww」「流石っすわ」「横綱相撲」「盤石」「完勝すぎる…」といった声が続出したほか、土俵際で対戦相手に配慮する姿に「落ちないようにハグしたね」「優しい」「人柄といいもう立派な横綱だよ」とコメントするファンも相次いでいた。

(ABEMA/大相撲チャンネルより)

力を使い果たした翔猿
力を使い果たした翔猿
土俵下への転落を防ぐ
土俵下への転落を防ぐ
胸で当たった白鵬
胸で当たった白鵬