藤井聡太王位、封じ手は「△6五同角」 形勢・持ち時間ともに豊島将之竜王がリードで対局再開/将棋・王位戦七番勝負
番組をみる »

 将棋のお~いお茶杯王位戦七番勝負第2局が、7月14日に2日目を迎えた。前日13日に、藤井聡太王位(棋聖、18)が42手目を封じ手。午前9時ごろに開封され、豊島将之竜王(叡王、31)の手番で再開した。封じ手は「△6五同角」だった。現局面では、豊島竜王が形勢でやや有利、持ち時間では約1時間リード。このまま一気に奪取に向けて走れるか。それとも藤井王位が連敗を阻止し、タイに戻せるか。シリーズの流れを決める「偶数局」は、早くも勝負どころを迎える。

【動画】お~いお茶杯第62期王位戦七番勝負 第二局2日目 藤井聡太王位 対 豊島将之竜王

 第1局は相掛かりの対局になり、1日目の時点でわずかにリードを奪っていた豊島竜王が、2日目の午前中からじりじりとリードを拡大。中盤、終盤に向けてさらに突き放すと、藤井王位も挽回がきかずに投了。早い時間での決着となった。

 第2局は両者得意とする角換わり(早繰り銀)の最新形からスタート。選択肢の多い序盤から、ミスなく誘うという意識によるものか長考合戦に。両者とも1時間を超える長考が2回あった。関係者による見解では、豊島竜王が指しやすい展開になっているというものが多いが、藤井王位棋聖がここからどう切り返すかが、再開直後のポイントだ。

 持ち時間は各8時間の2日制で、先手は豊島竜王。ABEMAではこの対局を終了まで生放送するほか、カメラの視点が切り替えられるマルチアングル放送も実施している。

(ABEMA/将棋チャンネルより)

お~いお茶杯第62期王位戦七番勝負 第二局2日目 藤井聡太王位 対 豊島将之竜王
お~いお茶杯第62期王位戦七番勝負 第二局2日目 藤井聡太王位 対 豊島将之竜王
お~いお茶杯第62期王位戦七番勝負 第二局2日目 藤井聡太王位 対 豊島将之竜王
お~いお茶杯第62期王位戦七番勝負 第二局2日目 藤井聡太王位 対 豊島将之竜王