本田朋広、小沼翔が敗者復活戦勝ち抜け 決勝4人のメンバーが確定/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 プロ麻雀リーグ「Mリーグ」の2020シーズン優勝チーム、EX風林火山のドラフト会議指名選手を決めるオーディションの敗者復活戦が7月18日に行われ、本田朋広(連盟)と小沼翔(RMU)が勝ち抜け、決勝進出を決めた。

【動画】EX風林火山 メンバーオーディション

 準決勝の3位から6位で行われた敗者復活戦は、ポイントリセットで半荘3回の勝負。2回戦までにトップに立った小沼はリードを活かして逃げ切りで2位通過。本田は、最終3回戦に入るまで最下位だったものの、逆転には最高の並びを作ってトップ。大逆転で決勝に駒を進めた。

 決勝は既に進出を決めていた友添敏之(最高位戦)、松ヶ瀬隆弥(RMU)を加えた4人で7月23日に行われる。

◆EX風林火山ドラフト会議指名選手オーディション

 2021シーズンに戦力補強として選手の追加を発表したEX風林火山が、2020シーズンに発表した企画。Mリーグと同じく日本プロ麻雀連盟、最高位戦日本プロ麻雀協会、日本プロ麻雀協会、RMU、麻将連合のプロ5団体に所属するプロであればエントリーが可能。書類選考、予選会を経て8人が準決勝に進出。さらに4人が決勝に進み、優勝者が指名の権利を得られる。対局でのポイントのほか、ファンによる投票も加算される。
ABEMA/麻雀チャンネルより)

EX風林火山 メンバーオーディション - 準決勝
EX風林火山 メンバーオーディション - 準決勝
EX風林火山優勝インタビュー
EX風林火山優勝インタビュー