豊島将之竜王、藤井聡太王位に初の連敗「一番粘れない順を選んでしまった」シリーズ1勝2敗と負け越しに/将棋・王位戦七番勝負
番組をみる »

 将棋のお~いお茶杯王位戦七番勝負第3局が7月21、22日に行われ、挑戦者の豊島将之竜王(叡王、31)は藤井聡太王位(棋聖、19)に117手で敗れた。この対局の前までは通算で7勝2敗と大きく勝ち越していたが、本局では中盤から形勢を損ねるとそこから挽回できずに敗戦。第2局と合わせ、藤井戦においては初の連敗となった。

【中継】お~いお茶杯第62期王位戦七番勝負 第三局2日目 藤井聡太王位 対 豊島将之竜王

 藤井王位の“天敵”として立ちはだかってきた先輩棋士にとって、痛い連敗だ。「藤井さんは特別な才能を持った方」と、その力を高く評価している豊島竜王ではあったが、ここまでの戦績では明確に勝ち越していた。第1局や第2局と同様に、1日目の終了時点ではやや有利だったが、第3局は2日目の様子がかなり違った。瞬間的に有利、さらには優勢になったと思われたが、難解な中盤で徐々に藤井王位にポイントを奪われ逆転を許すと、その後は再逆転のチャンスをつかめず投了。今回のシリーズで初めてリードを奪われた。

 対局後、豊島竜王は有利と見られていた封じ手の局面でも「難しいと思っていました」と明かすと、その後については「どうやっても悪いので、考えているうちに一番粘れない順を選んでしまった気がします。変化するところが難しかったです。途中から自信がなくなってしまったので」と、苦しい状況が続いていたと振り返った。1勝2敗と勝ち越されての第4局には「間が空くので、他の対局を一生懸命頑張って、しっかり準備したいと思います」と巻き返しを誓っていた。

 両者はこの王位戦七番勝負だけでなく、25日に開幕する叡王戦五番勝負でも防衛・挑戦の立場を入れ替えて対戦。合計「十二番勝負」でのダブルタイトル戦となっている。この連敗が、2つのタイトル戦でどんな影響を与えるか。答えが出るのは、3日後だ。

(ABEMA/将棋チャンネルより)

お~いお茶杯第62期王位戦七番勝負 第三局2日目 藤井聡太王位 対 豊島将之竜王
お~いお茶杯第62期王位戦七番勝負 第三局2日目 藤井聡太王位 対 豊島将之竜王
お~いお茶杯第62期王位戦七番勝負 第三局2日目 藤井聡太王位 対 豊島将之竜王
お~いお茶杯第62期王位戦七番勝負 第三局2日目 藤井聡太王位 対 豊島将之竜王
お~いお茶presents第4回ABEMAトーナメント チーム羽生VSチーム糸谷
お~いお茶presents第4回ABEMAトーナメント チーム羽生VSチーム糸谷