大谷翔平、2試合ぶりに両リーグトップ36号は141メートルの特大弾 ゲレロJr.に4本差で独走状態 年間58本ペース

【米大リーグ】エンゼルス-ロッキーズ(7月27日・日本時間28日 アナハイム/エンゼル・スタジアム)

【動画】大谷翔平の36号は141メートルの豪快弾

 エンゼルス大谷翔平投手が「2番・DH」で先発出場し、5回2死三塁から両リーグトップの36号2ランを放った。これで2位のゲレロJr.(ブルージェイズ)に4本差をつけ独走状態に。年間ペースでも58.3本と、夢の60本に期待を持たせるハイペースとなってきた。

 後半戦に入り一時的なスランプに入った大谷だったが、23日(24日)に代打でも出場しない完全オフが功を奏し、翌日からの3試合では11打数5安打1本塁打2打点。打率は.455と絶好調モードに入りつつあった。この日は第1打席で痛烈なファーストライナー。2打席目はチャンスで回ってきたが、空振り三振に倒れていた。

 5回の第3打席は、カウント1-2から6球目に真ん中に来た甘い変化球をフルスイング。打球初速度110.4マイル(177.7キロ)、飛距離463フィート(141メートル)という豪快な一発となった。

 本塁打王争いではトップを快走するが、打点でもこの本塁打で78打点に。トップのディバース(レッドソックス)の81打点に3打点差まで迫り、いよいよ打撃二冠になる日も近づいてきた。

 チーム100試合目での36号で、年間162試合に換算すると58.3本までペースは上昇。長いメジャーの歴史でも5人が計8回記録しただけの年間60本という快記録も、今の大谷であれば到達可能な数字だ。

(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

大谷翔平 第3打席は特大の第36号2ランホームラン
大谷翔平 第3打席は特大の第36号2ランホームラン
ABEMA
サードが弾いてショートへ
サードが弾いてショートへ
ABEMA
エンゼルス vs ロッキーズ 2021.7.28
エンゼルス vs ロッキーズ 2021.7.28
ABEMA
SPOZONE
SPOZONE
SPOZONE