2021シーズン・ドラフト会議で6選手が指名 滝沢和典はリーグ初の移籍へ/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 プロ麻雀リーグ「Mリーグ」2021シーズンのドラフト会議が8月2日に行われ、権利を持つ4チームが合計6選手を指名、新たに5人のMリーガーが誕生する見込みとなった。また昨年優勝したEX風林火山から退団していた滝沢和典(連盟)は、KONAMI麻雀格闘倶楽部が指名。Mリーガーが他チームに移籍する初めてのケースとなりそうだ。指名選手との契約が全て結ばれた場合、2021シーズンは全8チームが選手枠いっぱいの4人体制となり、計32人で戦うことになる。

【動画】Mリーグ「2021シーズン」ドラフト会議

 2020シーズン下位の順位から順に指名をした今回のドラフト会議では、同シーズン8位のセガサミーフェニックスが東城りお(連盟)を指名。同6位のTEAM雷電は本田朋広(連盟)を指名し、チーム4年目にして初の4人体制となる予定だ。

 また昨年5位のKONAMI麻雀格闘倶楽部は1巡目に伊達朱里紗(連盟)、2巡目にも滝沢を指名し、前原雄大、藤崎智(いずれも連盟)が抜けた後も、4人体制を維持に向かった。チームとしては若返りを図り、初のベスト3入りを目標に、新たなシーズンに臨む。

 前年優勝のEX風林火山はドラフト前に独自に行ったオーディションで優勝した松ヶ瀬隆弥(RMU)を1巡目で指名。公言していた4人体制とするべく、注目の2巡目には所属する二階堂亜樹の姉、二階堂瑠美(連盟)を指名した。2018シーズンの赤坂ドリブンズ、2019シーズンのU-NEXT Piratesと、優勝したチームは翌シーズン、連覇はおろかレギュラーシーズンで敗退するという結果に終わっているが、EX風林火山はジンクスを打破し初の連覇を成し遂げられるか。

【2021シーズン ドラフト会議・指名選手】

セガサミーフェニックス 東城りお(連盟)

TEAM雷電 本田朋広(連盟)

KONAMI麻雀格闘倶楽部 伊達朱里紗(連盟)、滝沢和典(連盟)

EX風林火山 松ヶ瀬隆弥(RMU)、二階堂瑠美(連盟)

※KADOKAWAサクラナイツ、渋谷ABEMAS、赤坂ドリブンズ、U-NEXT Piratesの4チームはドラフト会議前に選手枠の上限である4選手と契約しており、ドラフト会議での指名権なし。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

Mリーグ2021 ドラフト会議
Mリーグ2021 ドラフト会議