2021シーズン、出場の全8チーム・32選手が確定/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 一般社団法人Mリーグ機構は、10月上旬に開幕予定のプロ麻雀リーグ「Mリーグ」2021シーズンについて、全8チーム計32選手が契約したことを発表した。2020シーズンから残留した26選手、2021シーズンのドラフト会議で指名された6選手が参加、全チームが出場枠をフルに使う初のシーズンを迎えることになった。

【動画】Mリーグ2021、ドラフト会議指名選手

 Mリーグは2020シーズンを8チーム30選手で戦ったが、シーズン終了後に3チームから計4選手が自由契約に。後に行われたドラフト会議で指名を受けた6選手のうち5選手はリーグ初参加、滝沢和典(連盟)はEX風林火山からKONAMI麻雀格闘倶楽部へと移ることになった。

 Mリーグでは、同一メンバーで2シーズン続けてファイナル進出(4位以内)を逃した場合には選手の入れ替えや追加などで、チーム構成を変更することになっている。2020シーズンの5位以下については、U-NEXT Piratesだけが同じ顔触れで2021シーズンを戦うため、ファイナルを逃せばもれなく構成が変更となる。

【2021シーズン全選手】※は新規参入選手、◇はチーム変更

EX風林火山 二階堂亜樹(連盟)、勝又健志(連盟)、※松ヶ瀬隆弥(RMU)、※二階堂瑠美(連盟)

KADOKAWAサクラナイツ 内川幸太郎(連盟)、岡田紗佳(連盟)、沢崎誠(連盟)、堀慎吾(協会)

渋谷ABEMAS 多井隆晴(RMU)、白鳥翔(連盟)、松本吉弘(協会)、日向藍子(最高位戦)

赤坂ドリブンズ 園田賢(最高位戦)、村上淳(最高位戦)、鈴木たろう(最高位戦)、丸山奏子(最高位戦)

KONAMI麻雀格闘倶楽部 佐々木寿人(連盟)、高宮まり(連盟)、※伊達朱里紗(連盟)、◇滝沢和典(連盟)

TEAM雷電 萩原聖人(連盟)、瀬戸熊直樹(連盟)、黒沢咲(連盟)、※本田朋広(連盟)

U-NEXT Pirates 小林剛(麻将連合)、朝倉康心(最高位戦)、石橋伸洋(最高位戦)、瑞原明奈(最高位戦)

セガサミーフェニックス 魚谷侑未(連盟)、近藤誠一(最高位戦)、茅森早香(最高位戦)、※東城りお(連盟)

Mリーグ2021 ドラフト会議 指名選手結果
Mリーグ2021 ドラフト会議 指名選手結果
Mリーグ2020 - ドキュメンタリー
Mリーグ2020 - ドキュメンタリー