豊島将之竜王、3敗目でカド番に「総攻撃を受けてから苦しかった」藤井聡太王位に“ダブルタイトル戦”で2勝5敗/将棋・王位戦七番勝負
番組をみる »

 将棋のお~いお茶杯王位戦七番勝負の第4局が8月18、19日に行われ、挑戦者の豊島将之竜王(叡王、31)が藤井聡太王位に140手で敗れ、シリーズ成績1勝3敗のカド番に追い込まれた。叡王戦五番勝負では防衛する立場ながら、こちらでも1勝2敗と後がない。2つのタイトル戦を並行して行う「ダブルタイトル戦」に入り、藤井王位に2勝5敗と押され、対局後には「総攻撃を受ける形になってから苦しい形になった気がします」と敗因を述べた。

【中継】お~いお茶杯第62期王位戦七番勝負 第四局2日目 藤井聡太王位 対 豊島将之竜王

 藤井王位のデビュー以来、対戦成績で6連勝するなど「天敵」とも呼ばれてきた豊島竜王にとっては、成長著しい後輩棋士の勢いに押され続ける苦しい夏となった。1勝2敗で迎えた本局は、先手番から相掛かりを採用し、角交換から「8八銀の図はちょっとやってみたかった」という研究手を披露。5局連続して角換わりで戦ってきた相手に、新たな工夫で積極的に主導権を握りに行った。それでも思うように序盤でリードを奪えず、互角のまま長い序中盤を経由すると、相手に攻めの手番が続く中で少しずつ差を広げられる苦しい展開に。逆転のきっかけを掴もうとはするものの、持ち時間もしっかり残し、手堅く勝利を目指した藤井王位を切り崩せなかった。

 対局後、豊島竜王は「(序盤は)難しいのかなと思っていました。その後、しっくり来る組み方がわからなかったです。そこで間違えているかもしれないです。(終盤は)どうやっても苦しそうだったので。飛車を切ったのではっきりしてしまったかもしれないですが。もう一回駒組みになったところで、組み方に間違えてしまった気がします。総攻撃を受ける形になってから苦しい形になった気がします」と、常に苦しい戦いだったと振り返った。

 棋士としては充実期でもある30代前半だが、まだ10代である同郷の後輩棋士からのプレッシャーを受け続ける日々だ。両者は中2日置いて、22日には叡王戦五番勝負の第4局。さらに中1日置いて24、25日には王位戦七番勝負第5局で戦う。どちらも負ければ失冠、挑戦失敗という土俵際。ただ、その先には竜王戦七番勝負でも戦い可能性があり、このまま負けが続く状況は打破したい。次の一局、豊島竜王がどこまで意地を見せるか。

(ABEMA/将棋チャンネルより)

お~いお茶杯第62期王位戦七番勝負 第四局2日目 藤井聡太王位 対 豊島将之竜王
お~いお茶杯第62期王位戦七番勝負 第四局2日目 藤井聡太王位 対 豊島将之竜王
お~いお茶杯第62期王位戦七番勝負 第四局2日目 藤井聡太王位 対 豊島将之竜王
お~いお茶杯第62期王位戦七番勝負 第四局2日目 藤井聡太王位 対 豊島将之竜王
第6期 叡王戦 五番勝負 第四局 豊島将之叡王 対 藤井聡太王位・棋聖
第6期 叡王戦 五番勝負 第四局 豊島将之叡王 対 藤井聡太王位・棋聖