藤井聡太王位・棋聖、勝てば史上初「10代三冠」の一局は佳境へ 形勢は豊島将之叡王が優勢/将棋・叡王戦五番勝負
番組をみる »

 藤井聡太王位・棋聖(19)が8月22日、叡王戦五番勝負第4局(愛知県名古屋市・名古屋東急ホテル)で、豊島将之叡王(竜王、31)と現在対局中だ。相掛かりの出だしとなった一局は、午後4時の時点で形勢は豊島叡王が優勢、持ち時間でも豊島叡王が1時間ほどリードしている。藤井王位・棋聖は、勝てば史上最年少19歳1カ月で三冠を達成。初の「10代三冠」となる。10代最後の夏を迎えた天才棋士が、新たな記録を将棋史に刻むか。

【中継】第6期 叡王戦 五番勝負 第四局 豊島将之叡王 対 藤井聡太王位・棋聖

 藤井王位・棋聖と豊島叡王は、お~いお茶杯王位戦七番勝負でも対戦。「ダブルタイトル戦」「真夏の十二番勝負」などとも呼ばれ、同じ愛知出身の超一流棋士の激突は、将棋界最大の関心事だ。ここまで藤井王位・棋聖が5勝2敗(叡王戦2勝1敗、王位戦3勝1敗)と、どちらも獲得にあと1勝の“ダブル”王手としている。戦型はこの7局で相掛かり2局、角換わり5局だったが、本局は相掛かりに。正午からの昼食休憩前までに豊島叡王がやや有利になっていたが、午後に入りさらにその差が少しずつ広がっている。

 最年少での三冠記録は1993年に羽生善治九段(50)が樹立した22歳3カ月。藤井王位・棋聖が本局に勝利すれば、これを3歳以上更新し、10代では初の三冠。また30日に行われる竜王戦挑戦者決定三番勝負で永瀬拓矢王座(29)に勝つと、竜王戦七番勝負への進出も決定。ここでも豊島竜王との対戦になり、年内に四冠となる可能性もある。さらに年度内であれば棋王、王将と、最大六冠まで伸ばすことが可能だ。

 持ち時間は各4時間で、先手は豊島叡王。ABEMAでは、この対局を終了まで生放送する。また、視点を変えられるマルチアングル放送も同時に実施中だ。

【午後4時時点での残り持ち時間】

豊島将之叡王 1時間32分(消費2時間28分) 藤井聡太王位・棋聖 30分(消費3時間30分)

(ABEMA/将棋チャンネルより)

第6期 叡王戦 五番勝負 第四局 豊島将之叡王 対 藤井聡太王位・棋聖
第6期 叡王戦 五番勝負 第四局 豊島将之叡王 対 藤井聡太王位・棋聖
第6期 叡王戦 五番勝負 第四局 豊島将之叡王 対 藤井聡太王位・棋聖
第6期 叡王戦 五番勝負 第四局 豊島将之叡王 対 藤井聡太王位・棋聖
お~いお茶杯第62期王位戦七番勝負 第五局1日目 藤井聡太王位 対 豊島将之竜王
お~いお茶杯第62期王位戦七番勝負 第五局1日目 藤井聡太王位 対 豊島将之竜王