藤井聡太王位、勝てば防衛の一局 豊島将之竜王には「作戦的な面で遅れを取っている」/将棋・王位戦七番勝負
番組をみる »

 将棋のお~いお茶杯王位戦七番勝負の第5局が8月24、25日に徳島県徳島市「渭水苑」で行われる。シリーズ3勝1敗でタイトル防衛に王手をかけている藤井聡太王位(棋聖、19)は、挑戦者の豊島将之竜王(叡王、31)と1週間で3局目の対戦。「作戦的な面で、こちらの方が遅れを取ってしまっている」と苦戦が続いていると自覚している強敵を下して、通算4期目のタイトル獲得となるか。

【中継】お~いお茶杯第62期王位戦七番勝負 第五局1日目 藤井聡太王位 対 豊島将之竜王

 豊島竜王とは、叡王戦五番勝負も並行して戦っていることから「ダブルタイトル戦」「真夏の十二番勝負」などと呼ばれているが、デビュー直後から6連敗を喫した同郷の先輩棋士を相手に、この2つのタイトル戦に入ってからは5勝3敗(王位戦3勝1敗、叡王戦2勝2敗)と勝ち越し。ただ2日前に行われた叡王戦五番勝負の第4局では、序盤から相手の主導権を握られ、そのまま勝負どころを作れず敗戦。珍しく「完敗でした」という言葉も残した。

 5勝3敗という成績以上に、本人にとっては難しい展開が続いているようだ。「王位戦と叡王戦、合わせて豊島竜王の強さや、自分の現状の将棋の課題を感じる場面が多いと思っています。特に作戦的な面で、こちらの方が遅れを取ってしまっているところもあると思うので、そのあたりは修正していけたら」と、事前研究の深さで差を見せられていることを痛感している。このダブルタイトル戦だけでなく、他の棋戦でも勝ち上がっていることから、将棋界の中でも指折りの忙しさでもある藤井王位だけに、続けて何度も同じ相手と戦う中で、どこまで戦い方のストックがあるかも勝敗の分かれ目になってくる。

 この一局に勝利すれば、難敵を下して王位では初防衛。タイトルは通算4期目となり、最終局にもつれ込んだ叡王戦五番勝負にも弾みがつく。さらに挑戦権獲得まであと1勝と迫る竜王戦でも、豊島竜王との番勝負の可能性は十分。二冠維持、さらにその先の三冠、四冠まで考えても、重要な一局だ。

(ABEMA/将棋チャンネルより)

お~いお茶杯第62期王位戦七番勝負 第五局1日目 藤井聡太王位 対 豊島将之竜王
お~いお茶杯第62期王位戦七番勝負 第五局1日目 藤井聡太王位 対 豊島将之竜王
お~いお茶杯第62期王位戦七番勝負 第五局1日目 藤井聡太王位 対 豊島将之竜王
お~いお茶杯第62期王位戦七番勝負 第五局1日目 藤井聡太王位 対 豊島将之竜王
2021年度「将棋日本シリーズ」一回戦第四局 羽生善治九段 対 千田翔太七段
2021年度「将棋日本シリーズ」一回戦第四局 羽生善治九段 対 千田翔太七段