豊島将之竜王、カド番の第5局「普段どおり自然体で」2日前の快勝で勢いづくか/将棋・王位戦七番勝負
番組をみる »

 将棋のお~いお茶杯王位戦七番勝負の第5局が8月24、25日に徳島県徳島市「渭水苑」で行われる。挑戦者の豊島将之竜王(叡王、31)は、藤井聡太王位(棋聖、19)に1勝3敗と負け越し、カド番で本局を迎える。ただ、対局前日の会見では「成績的には1勝3敗という苦しい成績になってしまっていてカド番ですけど、普段どおり自然体で指していけたらと思います」と冷静だった。通算の対戦成績では9勝6敗とリードするだけに、本局でも同郷の先輩棋士として、意地を見せられるか。

【中継】お~いお茶杯第62期王位戦七番勝負 第五局1日目 藤井聡太王位 対 豊島将之竜王

 豊島竜王と藤井王位は、叡王戦五番勝負でも戦っており、その第4局は2日前の22日に行われたばかり。こちらでも1勝2敗とカド番だったが、先手番から相かがりの研究でリードし、そのまま中盤、終盤と緩むことなく押し切る快勝を収めた。2つのタイトル戦を合わせて「十二番勝負」と呼ばれるが、ここまで8局指して豊島竜王の3勝5敗(王位戦1勝3敗、叡王戦2勝2敗)。この1週間で3局目となるだけに、どの戦型を採用するかにも戦前から注目が集まっている。

 前日会見で豊島竜王は、続けて対戦している藤井王位に対して「中盤から終盤にかけて非常に精度が高い印象です」と警戒。実際、2つのタイトル戦では序中盤までリードしながら、終盤でひっくり返される将棋も多かった。2日前の対局のように、早めに主導権を握り、そのまま逆転を許さない展開に持ち込めれば理想的。各8時間の2日制という、長時間対局の特性をうまく活かしながら、豊島竜王が王位奪取に向けてさらにギアを1つ上げる。

(ABEMA/将棋チャンネルより)

お~いお茶杯第62期王位戦七番勝負 第五局1日目 藤井聡太王位 対 豊島将之竜王
お~いお茶杯第62期王位戦七番勝負 第五局1日目 藤井聡太王位 対 豊島将之竜王
お~いお茶杯第62期王位戦七番勝負 第五局1日目 藤井聡太王位 対 豊島将之竜王
お~いお茶杯第62期王位戦七番勝負 第五局1日目 藤井聡太王位 対 豊島将之竜王
2021年度「将棋日本シリーズ」一回戦第四局 羽生善治九段 対 千田翔太七段
2021年度「将棋日本シリーズ」一回戦第四局 羽生善治九段 対 千田翔太七段