宇良、宝富士に押し出され完敗 元若乃花「小兵が最もやられたくない相撲」と指摘
番組をみる »

大相撲九月場所>◇初日◇12日◇東京・両国国技館

 前頭五枚目・宝富士(伊勢ヶ濱)が前頭六枚目・宇良(木瀬)を押し出した一番で、元横綱・若乃花の花田虎上氏が「小兵が最もやられたくない相撲」と振り返った。

【動画】元若乃花が称賛した"宇良封じ"

 レスリング経験者の技巧派で、ファンから"宇良スペシャル"と呼ばれる反り技を得意とすることでも知られる宇良。身長176cm、体重147kgと"小兵力士"として相撲ファンにはお馴染みだが、初日の取組では、宝富士を相手に仕切り線から離れて立ち合った。

 頭から当たっていった宇良に対して、正面で受け止めた宝富士。土俵中央で探り合いをするなか、宇良は状況を打開しようと攻めて出るが、宝富士は冷静に腰を落として宇良を土俵の外へと押し出した。

 ABEMAで解説を務めた花田虎上氏は「宝富士は常に正対して、宇良を真正面に置いていました。これは小兵が最もやられたくない相撲です」「小兵に対してはこう攻めるというお手本のような相撲でしたね」と宝富士を絶賛した。(ABEMA/大相撲チャンネルより)

【動画】元若乃花が称賛した"宇良封じ"

【動画】元若乃花が称賛した"宇良封じ"
【動画】元若乃花が称賛した"宇良封じ"
照ノ富士、“横綱相撲”で危なげなく白星発進 かど番大関・貴景勝、大関・正代は初日に土
照ノ富士、“横綱相撲”で危なげなく白星発進 かど番大関・貴景勝、大関・正代は初日に土
ABEMA TIMES
【動画】「あれは何という立ち合い?」照強の”低すぎる”立ち合い
【動画】「あれは何という立ち合い?」照強の”低すぎる”立ち合い