藤井聡太王位・棋聖、史上初「10代三冠」目指し豊島将之叡王と対局中 戦型は「相掛かり」/将棋・叡王戦五番勝負
番組をみる »

 将棋の藤井聡太王位・棋聖(19)が9月13日、叡王戦五番勝負の最終第5局で、豊島将之叡王(竜王、31)と午前9時から対局 将棋の藤井聡太王位・棋聖(19)が9月13日、叡王戦五番勝負の最終第5局で、豊島将之叡王(竜王、31)と現在対局中だ。2勝2敗のタイで迎えたシリーズ最終戦だが、藤井王位・棋聖が勝てば、史上最年少、19歳1カ月での三冠達成となる大注目の一局。戦型は相掛かりになった。

【中継】叡王戦 五番勝負 第四局 豊島将之叡王 対 藤井聡太王位・棋聖

 数々の最年少記録を打ち立ててきた藤井王位・棋聖だが、また新たな記録に王手をかけている。最年少タイトル獲得、最年少二冠に続き、本局に勝利すると最年少での三冠を達成する。史上最年少、14歳2カ月でプロデビューし、まもなくプロ歴も丸5年に。その間、毎年のように記録を打ち立ててきたが、三冠保持となれば、渡辺明名人(棋王、王将、37)と並んで現在の最多保持者になる。

 ただ、相手は通算成績で7勝9敗と負け越している豊島叡王。この叡王戦でも2勝1敗と奪取に王手をかけた第4局でも、序盤から研究でリードを奪われ、いいところなく敗戦。対局後には珍しく「完敗でした」と振り返るほどだった。両者の間で同時期に行われていたお~いお茶杯王位戦七番勝負では4勝1敗で防衛に成功したが、タイトル戦の中では最速となるストップウォッチでの持ち時間4時間という将棋は、どんな結末を迎えるか。

 今年度、藤井王位・棋聖と豊島叡王は9局指し、戦型は相掛かり4局、角換わり5局だったが、本局では相掛かりが選ばれた。昼食休憩までに46手目まで進行したが、形勢はまだ互角で、持ち時間にもほとんと差がついていない。

 持ち時間は各4時間で、振り駒の結果、先手は藤井王位・棋聖。ABEMAではこの対局を終了まで生放送する。また、視点を変えられるマルチアングル放送も同時に実施中だ。

【昼食の注文】

豊島将之叡王 鰻重・桜 藤井聡太王位・棋聖 海老天重

【昼食休憩時の残り持ち時間】

豊島将之叡王 2時間25分(消費1時間35分) 藤井聡太王位・棋聖 2時間36分(消費1時間24分)
(ABEMA/将棋チャンネルより)

第6期 叡王戦 五番勝負 第四局 豊島将之叡王 対 藤井聡太王位・棋聖
第6期 叡王戦 五番勝負 第四局 豊島将之叡王 対 藤井聡太王位・棋聖
第6期 叡王戦 五番勝負 第五局 豊島将之叡王 対 藤井聡太王位・棋聖
第6期 叡王戦 五番勝負 第五局 豊島将之叡王 対 藤井聡太王位・棋聖
お~いお茶presents第4回ABEMAトーナメントチーム藤井VSチーム木村
お~いお茶presents第4回ABEMAトーナメントチーム藤井VSチーム木村